工事管理システムおすすめ7選!メリットや選び方をあわせてご紹介

建設業界のトータルサポートシステムである「工事管理システム」。

契約から経理関係のデータまでを一元管理し、工事管理業務を効率化してくれるシステムです。

導入前に気になるのは、工事管理システムの概要やメリット、おすすめの製品ではないでしょうか。

この記事では、工事管理システムの概要からメリット、おすすめ7製品を紹介しています。

工事管理システムは製品ごとに特徴が異なるため、製品の選び方も詳しく解説しています。ぜひ、最後までご覧ください。

目次

工事管理システムとは?

工事管理システムとは?

工事管理システムとは、工事の契約から進捗状況の把握、売上金の回収など、工事の一連の流れを管理するシステムのことです。

紙媒体でのやり取りや複数のシステムを利用していると、情報の見落としや二重入力などのエラーが起きやすく、管理が難しくなりがちでした。

しかし、工事管理システムを導入し工事情報を一元管理することで、業務が円滑に進むため、工事管理システムを導入している企業が多いです。

契約から売上金の回収まで行うので、適切な経営判断ができることも利用されている特徴です。

工事管理システムのメリット

工事管理システムのメリット

工事管理システムを導入することで、業務改善に役立つメリットが様々あります。

工事管理システムのメリットについて詳しく見ていきましょう。

工事に関わるデータを一元管理できる

施工現場に関わるあらゆるデータを集約し、1つのシステムで管理できることがメリットのひとつです。複数のITツールを使用していると、欲しいデータが入力されているツールを探す手間やデータの抽出に時間を要します。

工事管理システムを導入することで、現場情報を一括管理ができるため、人員の削減や勤務時間の短縮に期待ができます。

リアルタイムな情報共有ができる

工事情報をひとつのシステムで管理するため、各現場の進捗状況の把握や売上金の確認など、リアルタイムでの情報共有が可能です。

従来は、現場ごとの各種データを会社へ計上し、経理担当者がデータを集計していました。工事管理システムであれば、現場ごとにデータを計上するだけでデータを収集できます。

各現場の進捗状況や売上管理、利益をリアルタイムで共有できることで、経営者が迅速な判断ができるのです。

経営状況の把握が容易

工事管理システムは、現場ごとの経営状況を可視化します。また、複数の現場を受け持つ会社であれば、システムにログインするだけで現場情報を容易に確認できます。

例えば、「人員と機材の数が合わず利益が少ないときには、人員・機材を減らす」といった指示ができるでしょう。

複数のシステムを使用している場合は、経営状況を確認するのに時間がかかります。迅速な対応ができるので、経営状況の転換がスピーディーにできるでしょう。

人件費・作業時間の削減

工事管理システムを活用すると、現場の情報管理・共有する時間を短縮できるため、従業員の業務軽減につながります。

例えば、従来であれば3人必要な作業のところ、工事管理システムの導入により1人で回せると、それだけで人件費の削減に貢献します。

また、工事管理システムは、パソコン・スマートフォン・タブレットに対応しているケースがほとんどです。そのため、現場と事務所の往復時間を削減できるため、作業時間の短縮につながるのです。

あわせて読みたい
現場管理はタブレットで円滑に!メリットやおすすめの施工管理アプリを紹介 従来の建設業界は、図面・資料などを現場に持ち歩くことが当たり前となっていました。しかし近年では、タブレット端末を利用することで、現場管理に必要な道具を軽量化...

工事管理システムの代表的な機能

工事管理システムの代表的な機能

以下で紹介するのは、工事管理システムの代表的な5つの機能です。

受発注管理

受発注管理は、受発注した工事案件を一覧で管理する機能です。

案件ごとの契約内容・予算・契約日・工期などの情報を管理できます。

工事管理システムを活用すると、入力漏れや引き継ぎミスといったヒューマンエラーを未然に防げます。

あわせて読みたい
建設業向け発注管理システムを利用するメリットは?おすすめツール6選も紹介 現場管理において重要な業務のひとつに「発注管理」があります。発注管理は、在庫の補充だけではなく、在庫状況の把握や発注フローの正確さが求められます。 発注管理を...

入出金管理

入出金管理は、工事に関連する入出金情報を確認できる機能です。請求書や領収書のデータを打ち込み、入金額と残高管理を可能とします。

建設業界は、受注金額が大きく、一括で入金されるケースは少ないです。そのため、請求金額に対して、現時点での入金額との差額を管理できるので、二重請求といったトラブルを未然に防げます。

工事原価管理

工事案件ごとの原価管理を可能とする機能が「工事原価管理」です。現場の利益は、工事予算と工事原価の差で決まるため、システム一つで管理できるのは嬉しいポイントです。

また、今後発生する支払いの管理や、売上に対する原価率の管理もできます。予想外の費用が発生したケースでも、利益と予算のバランスを確認できるため、赤字にならないための指示ができるでしょう。

あわせて読みたい
工事原価管理とは?建設業における工事原価管理を行うメリットや難しいと言われている理由、システムの... 建設業の工事原価管理とは、工事にかかる材料費や外注費といった原価を適切に計算、管理した上でコスト改善を図ることです。 工事原価管理は、工事受注額の適正な算出や...

工程管理

工事を円滑に進めるためには、工程管理が重要です。工事管理システムの導入により、工程管理の効率化を促進させます。

案件ごとに工期と進捗状況の確認を可視化できるため、作業状況をリアルタイムで確認できます。工事が円滑に進んでいない場合は、人員を増加するといった対策を迅速に行えるのがポイントです。

あわせて読みたい
工事現場の工程管理ソフト【厳選9選】フリーソフト・アプリをご紹介 建設業界を円滑に進めるために必要なのが「工程管理」です。工程管理を疎かにすると、業務に支障をきたし、スムーズな施工ができなくなります。 工程管理の業務効率化に...

作業日報管理

建設業界では、作業日報を毎日提出する必要があります。従来であれば、紙の資料に直接記入し、事務所へ提出する必要がありました。

工事管理システムを利用すると、現場で作業日報の作成を可能にします。また、作成した作業日報は、関係者に共有できるため、改善点や作業状況の把握が容易です。

あわせて読みたい
建設業向け作業日報アプリ【7選】機能比較・無料アプリ・テンプレートも紹介 建設業界と作業日報は、きってもきれない関係です。毎日提出する必要があるため、以下の内容を知りたい方も多いのではないでしょうか。 作業日報アプリを導入するメリッ...

工事管理システム【おすすめ7選】

工事管理システム【おすすめ5選】

近年、建設業界のITツールの推進により、さまざまな工事管理システムが開発されています。

製品ごとに最適な業種、特徴が異なるため幅広く紹介します。

KANNA(カンナ)

KANNA(カンナ)
引用元:KANNA公式サイト

株式会社アルダグラムが提供するKANNA(カンナ)は、2020年7月にリリースされた業界の中でも比較的新しい施工管理アプリです。実際のユーザー評価が抜群に高いのが特徴で、AppStore、GooglePlayともに今回紹介するアプリの中では最高評価を獲得しています。

機能面では、ブラウザ・アプリどちらも対応しており、写真や図面などの資料をスマホやタブレットなどでいつでも確認できます。その他機能面でも、スケジュール管理や図面管理、チャット機能などの基本機能が備わっているため、建築・建設・工事などあらゆる現場で活躍してくれるはずです。

KANNAは、

また、専属サポートがつきますので、下記オプションの要不要や現場数、規模によってプランのカスタマイズが可能です。ぜひ資料ダウンロードの上、自社に適したアプリかを確認してみましょう。

  • 案件カスタマイズ
  • 報告カスタマイズ
  • フォルダテンプレート
  • グループ機能
  • 電子小黒板
運営会社株式会社アルダグラム
料金初期費用:0円
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
あわせて読みたい
カンナ(KANNA)無料施工管理アプリの口コミ評判は?料金・導入事例を徹底調査! 無料施工管理アプリの「カンナ(KANNA)」を導入する上で、下記のような疑問をもつ企業も多いのではないでしょうか。 カンナはどんなアプリなの? カンナの特徴や機能を...

BUILD-U(ビルドユー)

BUILD-U(ビルドユー)
引用元:BUILD-U公式サイト

株式会社ユニテックが提供している、建設業トータル管理システムの「BUILD-U」。受発注管理・売上管理・原価管理などの業務を一貫して処理できるのが特徴です。

BUILD-Uは、基幹パッケージとサブパッケージの用意があり、企業ごとに最適な組み合わせを活用し、経営の合理化を図れます。基幹パッケージとサブパッケージの詳細は、以下の通りです。

基幹パッケージサブパッケージ
・受注管理システム
・定時支払管理システム
・工事原価管理システム
・財務会計管理システム
・受注見込みシステム
・入札情報システム
・給与計算システム
・労災保険システム
・機材損料計算システム
・JV工事原価管理システム
・固定資産管理システム
・人事情報管理システム

基幹パッケージとサブパッケージの組み合わせにより、業種・規模に応じた機能を活用できるため、進捗管理・利益管理の迅速化を実現してくれるでしょう。

運営会社株式会社ユニテック
料金(税込)公式HPよりお問い合わせください

現場Plus

現場Plus
引用元:現場Plus公式より

株式会社ダイテックが提供している「現場 Plus」は、月額 1 万円の料金設定と、直感的な
操作性が特徴の施工管理アプリです。

現場 Plus は、工程表、写真・図面・書類管理、掲示板、トーク機能といった施工管理アプ
リに必要な機能が標準搭載されています。

それでいて、月額 1 万円という値段設定で 60 人まで使えるコストパフォーマンスの高さが
ポイントです。

その他、同社の基幹システム「注文分譲クラウド DX」と連携し、現場情報や工程・進捗等
の共有が可能なところも特徴的です。

現場 Plus はダイテックが自社で開発・運営しているため、ユーザーの意見を反映しやすく、
継続的なアップデートが実施されています。

尚ダイテックは、データセンターを日本国内に保有しており、長年運用してきた実績があり
ます。セキュリティ面においても安心して利用が可能です。

コストパフォーマンスがい工事管理システムを探している方は、現場 Plus を検討してみ
てはいかがでしょうか。

運営会社株式会社ダイテック
料金(税込)【初期費用】
・初期ID登録料月額料金の1ヶ月分
【基本プラン】
・60ID 11,000円
(30ID追加毎に5,500円)
あわせて読みたい
現場Plusの口コミ評判は?機能・料金・導入事例まとめ 建設・建築現場の業務改善に役立つ、施工管理アプリの「現場Plus」。これから施工管理アプリを導入する上で、下記のような疑問をもつ方も多いのではないでしょうか。 現...

【厳選】おすすめ施工管理アプリ14製品を比較表でまとめてチェック!

施工管理アプリ各サービスの機能・料金を一覧表形式でまとめて比較。社内提案でそのまま使えるエクセル資料を無料でプレゼントします。工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など様々なシーンで導入される施工管理アプリを比較検討する際にお役立てください。

建設工事業ERPシステム(PROCES.S)

建設工事業ERPシステム(PROCES.S)
引用元:PROCES.S公式サイト

「PROCES.S」は、建設業・工事業に特化した完全Web型のERPシステムです。

ERPとは、会計・人事・生産管理などのさまざまな業務を統合できるシステムのことで、「統合基幹業務システム」「業務統合パッケージ」とも言われています。

PROCES.Sは、導入する企業に合わせて最小構成から会社全体をカバーする最大構成まで、要望に合わせて構築してくれます。

40年近いサービスの提供経験と、約350社以上に導入してきた実績で運用をカバーしてくれるのがポイントです。(2022年4月現在)

運営会社株式会社内田洋行ITソリューションズ
料金(税込)公式HPよりお問い合わせください

SMAC工事管理

SMAC工事管理
引用元:SMAC工事管理公式サイト

「SMAC工事管理」は、総合建設業から、土木・建築・設備などの専門工事業まであらゆる業種をサポートしてくれるシステムです。

見積管理・日報管理・仕入管理など、8種類の基本ソフトウェアから選択し、使用するライセンスも定められるため、導入コストを最小限に抑えることが可能です。

また、SMAC工事管理は、導入後のサポートに力を入れています。フリーダイヤルによるサポートやオンラインサポートによる、わかりやすいサポートが定評です。

運営会社株式会社パナック
料金(税込)基本ソフトウェア:110,000円〜
※基本ソフトウェアとオプション機能の組合せで変動するため、詳しく知りたい方は公式HPよりお問い合わせください
オプション(税込)オプション機能:55,000円〜
追加ライセンス1〜9ライセンスまで 88,000円
10ライセンス以上 44,000円
導入サポート(1回あたり):5,500円〜

brick(ブリック)

brick(ブリック)
引用元:brick公式サイト

「brick(ブリック」は、建設業の業務改善をスムーズにする工事管理システムです。

施工管理業務における課題は、施工以外の見積作成・発注先への情報共有などの業務時間でした。brickは、施工業務以外の時間を効率化することを目的に作られたシステムなため、施工時間の確保に貢献します。

また、brickは、さまざまな業務アプリと連携しており、システムを介して業務フローの見える化をしてくれるのも特徴です。連携できるアプリは以下を参考にしてください。

  • 連絡ツール:LINE
  • クラウドストレージサービス:box
  • オンラインストレージサービス:Dropbox
  • 会計ソフト:freee
  • 会計ソフト:マネーフォワード クラウド会計
  • 会計ソフト:弥生会計オンライン
運営会社株式会社アイ・アクセス
料金(税込)トライアル版:無料
スタータープラン:月額10,890円
ビジネスプラン:月額43,890円
エンタープライスプラン:月額104,500円

建て役者

建て役者
引用元:建て役者公式サイト

「建て役者」は、建築・リフォーム業界向けの工事管理システムです。顧客情報を中心とした、商談・工程・アフターフォローまでを一元管理できるため、情報共有をスムーズに行えます。

建て役者の特徴は、柔軟なカスタマイズ設定ができることです。そのため、導入後の「自社の業務に合わないシステムだった」というトラブルを避けられます。

また、建て役者は導入開始から18年の実績と、690社以上の導入を支援しています。豊富なカスタマイズ設定と、幅広い料金設定が魅力の工事管理システムと言えるでしょう。

運営会社株式会社システムサポート (略称STS)
料金(税込)ライト:初期費用33,000円 月額4,400円〜
スタンダード:初期費用385,000円 月額44,000円〜
プレミアム:初期費用638,000円 月額88,000円〜

工事管理システムの選び方

工事管理システムの選び方

建設業界のDX推進化により、さまざまな工事管理システムが開発されています。これから工事管理システムを導入する際は、自社に最適なシステムを選択する必要があります。

以下で紹介する、工事管理システム4つの選び方を参考に、最適な工事管理システムを選択してください。

利用しやすい操作性か

工事管理システムを導入する上で、操作性は大切なポイントです。システムを導入する利用者が使いやすくなければ、業務の効率化が難しくなり、求めている結果を得られないでしょう。

工事管理システムは、現場で利用する作業者と管理者の双方が利用することを考えなければなりません。そのため、年配の方でも利用しやすい、使い勝手のよい工事管理システムを選ぶようにしましょう。

自社の課題を解決してくれる機能を搭載しているか

工事管理システムを導入する際は、自社の課題を解決してくれる機能があるかどうかを確認することもポイントのひとつです。

工事管理システムは、工事内容や工種に合わせたシステムを開発しています。そのため、自社で解決したい悩みを明確にしておくと、システムを選ぶ際の基準となるでしょう。

提携形態を確認する

工事管理システムには、「クラウド型」と「オンプレミス型」の2種類があります。2つの提携形態により、導入後の運用に違いがでてきます。

以下では、2つの提携形態の違いをまとめたので参考にしてください。

特徴
クラウド型・インターネット環境を利用したシステム
・オンプレミス型と比べると導入コストは低い
・利用開始から運用までスムーズにできる
オンプレミス型・自社専用のシステムを構築する(購入型)
・クラウド型と比べると導入コストが高い
・自由にカスタマイズできる

工事管理システムの多くは、クラウド型です。インターネットを経由し、構築されているシステムを利用するため、利用開始からすぐに運用ができます。

オンプレミス型は、自社だけのシステムを構築する方式です。クラウド型と比べると費用は高いですが、自由にカスタマイズできるという特徴をもちます。

なお、オンプレミス型は初期費用こそかかりますが、長期的な運用を考えると、クラウド型よりコストを抑えられます。

【厳選】おすすめ施工管理アプリ14製品を比較表でまとめてチェック!

施工管理アプリ各サービスの機能・料金を一覧表形式でまとめて比較。社内提案でそのまま使えるエクセル資料を無料でプレゼントします。工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など様々なシーンで導入される施工管理アプリを比較検討する際にお役立てください。

まとめ

まとめ

建設業界の業務改善に役立つ、工事管理システムについて解説しました。

工事管理システムを導入することで、業務時間の短縮・ヒューマンエラーの低減・経営状況の見える化など、さまざまなメリットがあります。

工事管理システムにはさまざまな種類があり、製品によって得意としている分野が異なります。

適切な製品を導入するためには、自社の課題を明確にすることが大切です。

今回紹介した製品で気になるものがありましたら、まずは公式HPから資料請求をしてみてください。

あわせて読みたい
施工管理アプリおすすめ【15選】料金・口コミ評判を徹底比較ランキング! 建設業界は、図面管理や写真管理、書類作成などの紙媒体で管理していたものを、デジタル化することが求められています。 デジタル化に伴い多数の施工管理アプリが開発さ...
▼ おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
kanna
KANNA
初期費用・月額0円で基本機能の利用が可能。有料カスタマイズあり。Appstoreレビュー評価☆4.4(2024年1月時点)
現場ポケット
最大2ヶ月無料で全機能トライアルOK。契約更新率95.68%、現場への浸透◎
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
▼おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
KANNA
初期費用・月額0円から利用可。Appstoreレビュー評価☆4.5
Photoruction
建築、土木現場特化の施工管理アプリ。10万社以上の導入実績
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次