工事台帳ソフト【厳選7選】メリット・選び方まで詳しく解説!

工事台帳ソフト【厳選5選】メリット・選び方まで詳しく解説!

「工事台帳ソフトの導入を考えているが、どんなものがあるのか知りたい」「導入したらどんなメリットがあるの?」と、悩んでいる方はいるのではないでしょうか。

工事台帳は、これまでエクセルや手書きで作成されていました。手作業では入力ミスが発生したり、台帳を作成する人によって内容が違ったりしたため、使いにくいと感じる方もいるでしょう。

この記事では、工事台帳ソフトを厳選して7つ紹介しています。工事台帳ソフトを使うメリットや選び方まで詳しく解説しています。

あなたの会社にあった工事台帳ソフトが見つかれば、工事ごとの収支の把握や工事の進捗状況がひと目でわかるようになるでしょう。ぜひ、参考にしてください。

目次

建設・建築現場における工事台帳の役割とは?

建設・建築現場における工事台帳の役割とは?

工事台帳とは、工事ごとの原価を集計したり工事ごとの取引内容が詳しく記されている台帳のことです。

建設・建築現場の工事台帳は、一般的な企業と違い現場によって工期が変わるため、売上の計算が煩わしくなります。

これまでエクセルや手書きで行なっていた工事台帳を、ソフトで管理すれば、業務が効率よく進められるでしょう。

また税務署や経営事項審査で、工事台帳の提出を求められることがあります。

経営状況を把握する資料として重要になりますので、工事台帳ソフトを導入すれば簡単に工事台帳を作成できます。

あわせて読みたい
工事写真台帳の無料エクセルテンプレート5選!メリ・デメもあわせて解説 工事写真台帳の作成は、手間と時間を要する作業のひとつです。建設業界に従事している方であれば、工事写真台帳の作成を効率よく進めたいと考えるでしょう。 工事写真台...

工事台帳ソフトを導入するメリット

工事台帳ソフトを導入するメリット

前述したように、工事台帳は手書きやエクセルで作成することが主流でした。

手書きで台帳を作成するには、時間と手間がかかります。

工事台帳ソフトを導入することで、大幅な時間の短縮につながります。

工事台帳ソフトを導入するメリットは、以下の4点です。

  • 数値を打ち込むだけで自動計算してくれる
  • 工事情報の一括管理ができる
  • インターネットに接続できる場所ならどこでも利用できる
  • データをバックアップできる

ソフトを導入すれば、フォーマットが決まっており、数値を打ち込むだけで自動計算してくれます。

入力する項目が限定されているためヒューマンエラーを防げるでしょう。

インターネット環境があれば、デバイスや作業場所を選びません。

また、バックアップが取れているため、万が一紛失しても安心です。

建設・建築現場従事者におすすめ!工事台帳ソフト【厳選7選】

建設・建築現場従事者におすすめ!工事台帳ソフト【厳選7選】

ここからは、建設・建築現場従事者におすすめする7つのソフトを紹介します。

  1. KANNA(カンナ)
  2. 現場Plus
  3. Aippear(アイピア)
  4. らくらく!工事台帳Web版
  5. uconnect
  6. 使えるくらうど工事台帳V3 
  7. JSI工事台帳lite

ソフトの特徴や料金についても解説します。

工事台帳ソフトを導入しようと考えている方は、参考にしてください。

1.KANNA(カンナ)

1.KANNA(カンナ)
引用元:KANNA公式

初めに紹介する工事台帳ソフトはKANNA(カンナ)です。

KANNAでは、プロジェクトの管理・進行、顧客や物件の大切なデータをすべてアプリ上で管理できます。

それにより、メンバー間でタイムリーに情報の共有・閲覧が可能となり、認識の語弊やヒューマンエラー等を最大限減らすことができるのが特徴です。

料金面においてもメリットが大きく、KANNAは、

オプションの要不要や現場数によって月額は調整することも可能です。工事台帳ソフトの導入を検討している企業の方は、是非資料をダンロードして自社に適したプランを選択してみてください。

  • 案件カスタマイズ
  • 報告カスタマイズ
  • フォルダテンプレート
  • グループ機能
  • 電子小黒板
運営会社株式会社アルダグラム
料金初期費用:0円
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
あわせて読みたい
カンナ(KANNA)無料施工管理アプリの口コミ評判は?料金・導入事例を徹底調査! 無料施工管理アプリの「カンナ(KANNA)」を導入する上で、下記のような疑問をもつ企業も多いのではないでしょうか。 カンナはどんなアプリなの? カンナの特徴や機能を...

2.現場Plus

2.現場Plus
引用元:現場Plus公式

「コストパフォーマンスを Plus+」をテーマに株式会社ダイテックがリリースした写真管
理アプリが現場 Plus です。

現場 Plus の特徴は、マニュアルなしでも使いこなせる操作性。スマートフォンやタブレッ
トに不慣れな方でも簡単に、写真に直接、文字や線などを記入できます。

また撮り溜めた写真で工事写真台帳を作成し、Excel や PDF 形式で出力可能です。写真の
共有機能も備えているため、前後の工程を担う業者と円滑なコミュニケーションが取れま
す。

その他、写真に電子黒板を直接挿入することも可能。大きさや貼り付け位置などを自由にカ
スタマイズできるのも嬉しいポイントです。

上記で説明した機能はすべて標準装備のため、オプション費用は一切不要。

写真管理アプリをお探しの方は、現場 Plus を検討してみてはいかがでしょうか?

運営会社株式会社ダイテック
料金【初期費用】
・初期ID登録料月額料金の1ヶ月分
【基本プラン】
・60ID 10,000円
(30ID追加毎に5,000円)
対応端末・スマートフォン
・タブレット
・PC
あわせて読みたい
現場Plusの口コミ評判は?機能・料金・導入事例まとめ 建設・建築現場の業務改善に役立つ、施工管理アプリの「現場Plus」。これから施工管理アプリを導入する上で、下記のような疑問をもつ方も多いのではないでしょうか。 現...

3.Aippear(アイピア)

3.Aippear(アイピア)
引用元:aippear公式

次に紹介する工事台帳ソフトは「Aippear(アイピア)」です。アイピアは、見積もりや原価管理などの、手間が掛かる業務の効率化を図ります。

業務をまとめて管理し、工事の進捗状況を一元化します。集計データの作成や帳票を自社に必要な項目として追加したり、不要な機能を非表示にするなどのカスタマイズが可能です。

マウス操作と簡単な入力で工程表を作成できます。原価計算や発注をワンクリックで操作できるため簡単です。

インターネット環境があれば、出張先や訪問先でも見積もりの承認や確認作業が可能です。

運営会社株式会社アイピア







料金(税抜)
【ライトプラン】
初期導入費用:120,000円
月額利用料金:10,000円

【ベーシックプラン】
初期導入費用:420,000円
月額利用料金:20,000円

【プロフェッショナル】
初期導入費用:510,000円
月額利用料金:30,000円
※ユーザー追加する場合は1ユーザーにつき2,000円の追加料金が必要
オプション(税込)オリジナル帳票作成:30,000円~
既存システムからデータ移行:50,000円~

【厳選】おすすめ施工管理アプリ14製品を比較表でまとめてチェック!

施工管理アプリ各サービスの機能・料金を一覧表形式でまとめて比較。社内提案でそのまま使えるエクセル資料を無料でプレゼントします。工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など様々なシーンで導入される施工管理アプリを比較検討する際にお役立てください。

4.らくらく!工事台帳Web版

4つめに紹介する工事台帳ソフトは「らくらく!工事台帳Web版」です。工事の原価と入金状況が把握しやすく、会計業務が楽です。

15種類の帳票が標準搭載されており、シンプルな操作性で、どんな方でも楽に工事台帳を作成できます。また、PDFファイルの出力も可能です。

インターネットに繋がっていればデータ入力や帳票出力ができます。複数台のパソコンから同時アクセス、同時入力ができるため作業効率はアップするでしょう。

運営会社株式会社ウィズ







料金(税込)
新規契約時(契約日数360日)
1ユーザー版:99,000円
3ユーザー版:99,000円
5ユーザー版:121,000円
10ユーザー版:121,000円

更新契約時(契約日数180日)
1ユーザー版:19,800円
3ユーザー版:24,750円
5ユーザー版:29,700円
10ユーザー版:39,600円

更新契約時(契約日数360日)
1ユーザー版:36,300円
3ユーザー版:45,375円
5ユーザー版:54,450円
10ユーザー版:72,600円

5.uconnect

5.uconnect
引用元:uconnect公式

5つめに紹介する、工事台帳ソフトはuconnectです。主な機能は、工事案件に関わる売上と原価の合計を一覧で確認できることです。

管理会計機能が充実しており、リアルタイムで工事ごとに粗利の把握や現預金の収支予定がわかります。

請求書は売上伝票から自動作成され、見積書や納品書の問い合わせにも素早く対応しており、経営業務の効率化ができます。

インターネットがつながる環境であれば、どこからでも複数のデバイスで利用が可能です。また、検索条件を複数選択できるためデータの絞り込みが簡単にできます。

uconnectは、工事と販売を別々に管理できます。工事案件と別に販売情報を登録したい方は「工事業+販売プラン」を検討してみてください。

運営会社株式会社unlimited

工事業向けプラン料金(税込)
月額基本料:5,500円
最低価格:1ユーザー6,600円〜
ユーザー課金:1ユーザーにつき1,100円

工事業向け+販売プラン料金(税込)
月額基本料:8,800円
最低価格:1ユーザー9,900円〜
ユーザー課金:1ユーザーにつき1,100円

6.使えるくらうど工事台帳V3

6.使えるくらうど工事台帳V3
引用元:使えるくらうど工事台帳V3公式

6つめに紹介する工事台帳ソフトは「使えるくらうど工事台帳V3」です。使えるくらうど工事台帳V3は、クラウド式なため現場や出張先から入力が可能なことです。

自動集計がされるシステムで、勤務時間を入力するだけで日報入力が完了。データがシステム内で集計されるため、転記ミスや集計ミスを防げます。

社内のみならず、取引先や協力会社と提携を促進できます。クラウド上でスケジュール管理ができるため、最新予定を共有可能です。

運営会社アサクラソフト株式会社
料金公式HPからお問い合わせください

7.JSI 工事台帳 lite

7.JSI 工事台帳 lite
引用元:JSI 工事台帳 lite公式

7つめに紹介する工事台帳ソフトは「JSI 工事台帳 lite」です。「弥生会計」からエクスポートし、未成工事支出金データを簡単に取り込めます。

「弥生会計」の設定科目を自動的にセットし、採用したい科目にチェックボックスを付けるだけで利用可能です。

データセンターでデータの管理がされているため、出先から入力作業や確認作業が楽に行えます。インターネットを用いて複数デバイスで同時利用可能です。

JSIプログラムセンターから最新ソフトウェアが提供されているため、プログラムやデータは、国内のデータセンターで管理されます。バックアップが毎日行われ、大事なデータを守ります。

運営会社株式会社ジャパンシステムイノベーション
料金(税込)16,500円/年

工事台帳ソフトを選ぶ際のポイント

工事台帳ソフトを選ぶ際のポイント

工事台帳ソフトには、さまざまな種類があるため、どれを選んで良いか悩むでしょう。そこで、工事台帳ソフトの選び方を3つ紹介します。

  • 簡単な操作が可能か
  • PDF出力ができるか
  • カスタマイズ設定ができるか

工事台帳ソフトは決められたフォーマットがあり、社内の誰が使っても作成できるような操作性と、自社に必要な項目のカスタマイズができることがおすすめポイントです。

簡単な操作が可能か

手書きやエクセルのような煩雑な作業がなく、わかりやすく簡単なソフトが望ましいです。

工事台帳ソフトには、自動入力がされるものと、手書きやエクセルと同様、項目に直接入力するタイプがあります。

自動入力は入力時間の短縮ができる一方で、直接入力する際はヒューマンエラーが起きやすいという特性があります。これから工事台帳ソフトを導入するのであれば、自動入力機能付きのソフトがおすすめです。

エクセルやPDF出力ができるか

公共工事の入札審査には、工事台帳の提出を求められることがあります。工事台帳ソフトには、印刷できるものとできないものがあります。

審査に必要な工事台帳は、原価項目を「材料費」「労務・人件費」「外注費」「経費」の4つの区分が必要です。

導入前に「エクセル・PDF出力はできるのか」を確認しておくことをおすすめします。

カスタマイズ設定ができるか

工事台帳ソフトには、オリジナル帳票の作成ができるソフトもあります。自社に最適な工事台帳をカスタマイズしてくれるため、利便性・操作性などの恩恵を受けられるでしょう。

これまでの台帳作成は、操作できる人が限定されており、自分で操作できるようになるまで時間がかかりました。作成する人を選ばず作業できれば、結果的に作業効率を上げられます。

【厳選】おすすめ施工管理アプリ14製品を比較表でまとめてチェック!

施工管理アプリ各サービスの機能・料金を一覧表形式でまとめて比較。社内提案でそのまま使えるエクセル資料を無料でプレゼントします。工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など様々なシーンで導入される施工管理アプリを比較検討する際にお役立てください。

まとめ

この記事では、厳選した工事台帳ソフト7つと、ソフトを使用するメリットと選び方を解説しました。

工事台帳ソフトを使用すれば、エクセルや手書きで作成していた手間や労力から解放されます。

また、入力ミスや集計ミスなどのヒューマンエラーを未然に防げるでしょう。

工事台帳ソフトは、インターネット環境があれば仕事の共有や、外出先での確認作業が可能です。

ぜひ、この記事を参考にして、作業効率をアップさせてください。

あわせて読みたい
工事写真アプリ【おすすめ9選】機能・料金をまとめて比較! 建築・建設業界の業務改善に役立つ「工事写真アプリ」ですが、以下の疑問を抱えている企業も多いのではないでしょうか。 工事写真アプリとは? 工事写真アプリの機能と...
あわせて読みたい
工事黒板アプリおすすめ【7選】現場監督向け無料電子黒板は? 建設業界のIT化に伴い、さまざまな企業が工事黒板アプリをリリースしています。工事黒板アプリは、工事写真の業務改善に役立つツールです。 ただし、多数の工事黒板アプ...
▼ おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
kanna
KANNA
初期費用・月額0円で基本機能の利用が可能。有料カスタマイズあり。Appstoreレビュー評価☆4.4(2024年1月時点)
現場ポケット
最大2ヶ月無料で全機能トライアルOK。契約更新率95.68%、現場への浸透◎
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
▼おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
KANNA
初期費用・月額0円から利用可。Appstoreレビュー評価☆4.5
Photoruction
建築、土木現場特化の施工管理アプリ。10万社以上の導入実績
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次