施工管理アプリおすすめ【15選】料金・口コミ評判を徹底比較ランキング!

施工管理アプリおすすめ【15選】料金・口コミ評判を徹底比較ランキング!

建設業界は、図面管理や写真管理、書類作成などの紙媒体で管理していたものを、デジタル化することが求められています。

デジタル化に伴い多数の施工管理アプリが開発されているため、下記のような悩みが多いのではないでようか。

  • 施工管理アプリのできることが知りたい
  • 施工管理アプリによる違いはなに?
  • 施工管理アプリを選ぶ際の基準

この記事では、厳選した施工管理アプリ15選と、施工管理アプリの特徴や選び方を詳しく解説しています。ぜひ最後までご覧くださいね。

目次

建設・建築現場はどう変わる?施工管理アプリでできること

建設・建築現場はどう変わる?施工管理アプリでできること

長時間労働・人材不足・アナログな現場環境など、複数の労働課題が問題視されている建設業界。DX(デジタルトランスフォーメーション)推進により、建設業界にも変化が訪れています。

建設業界の業務は、紙の図面やFAXなどのアナログ業務がたくさんあります。施工管理アプリを導入することで、業務効率を高めるため今や業界に欠かせないツールです。

施工管理アプリを導入することで得られるメリットは下記の通りです。

  • 作業の効率化
  • リアルタイムでの情報共有
  • 工事品質の向上

それでは1つずつ解説していきます。

作業の効率化

施工管理アプリを利用することで、「写真や図面を持ち運ぶ手間が省ける」「報告書の作成に手間がかからなくなる」「スケジュール管理が容易になる」など、現場業務を効率化できます。

従来の方法であれば、必要があれば現場事務所に戻ることが必須でした。しかし、スマホやタブレットに情報を読み込ませるため、現場全体の作業を省力化できるのが特徴です。

また、協力会社も同じ施工管理アプリを使用していれば、やり取りはすべてオンラインで完結します。事務所の行き来などの時間を短縮できるため、作業に集中できる点も嬉しいポイントです。

リアルタイムでの情報共有

現場は生き物と言われるほど、不具合や打ち合わせによる変更が多い仕事です。変更資料の共有が遅れるだけで、仕事の手も止まり作業工程の遅れが問題点でした。

施工管理アプリは、インターネット上で管理しているため、常に最新の情報をネットにつなげるだけで確認できます。担当者不在で必要な情報が得られないといったトラブルを防ぐこともできます。

工事現場では、変更点や伝えたいことを各地の作業員に連絡するといったコミュニケーション面でもストレスが多いです。施工管理アプリを導入することで、工事関係者に一斉に情報共有できるため、コミュニケーション面でのストレス軽減にも役立ちます。

工事品質の向上

前述した「作業の効率化」「リアルタイムでの共有」により、品質向上にもつながります。

施工管理アプリでは、メモや写真、図面に直接書き込める機能が搭載されており、指示内容の共有が容易です。アプリ内で情報を一元化することで、伝達ミスの防止や「言った・言っていない」というトラブル防止にもつながります。

施工管理アプリの利用でスムーズな連携ができることで、結果的に工事品質が向上します。

施工管理アプリを選ぶときのポイント

施工管理アプリを選ぶときのポイント

建設業界のDX化推進により、施工管理アプリの種類が年々増えています。アプリによっては、機能面や費用面が違うため「自社にとって必要な機能は何か?」と、目的を明確にすることが大切です。

施工管理アプリを選ぶ際のポイントを4つの視点から紹介します。

対象工事に必要な機能が搭載されているか

施工管理アプリは、機能や対象工事に特徴があります。特に自社で請け負っている業種に対応しているかどうかの見極めが大切です。

例えば「リフォーム会社に特化している」「建設業界で利用できる」など、幅広い業界に対応しているのか、業種を絞っているかにより、適しているアプリが異なります。

近年、工程管理、工事写真、図面共有といった機能だけでなく、チャット、検査、受発注、原価管理などの機能を持った多機能型アプリも多く登場しています。多機能であるがゆえに操作が煩雑となり、現場に浸透しないというケースも。自社の課題・必要な機能を明確にして、課題解決につながる製品を選定しましょう。

費用と利用できるユーザー数の確認

施工管理アプリは、月額価格帯の幅が広いため、予算に合わせたものを選ぶ必要があります。施工管理アプリのほとんどは利用人数に応じて金額が高くなるのが一般的ですが、案件数、保存容量に応じた課金形式もあります。

加えて、初期費用やオプション費用もかかることが多いため、負担とならない範囲であるのか、費用対効果は合うのかという視点で、現場に合わせた柔軟な対応が求められるでしょう。

操作性の高さで選ぶ

施工管理アプリは、現場監督だけでなく職人や関係者全員の利用を目的にしているツールです。そのため以下のこと考える必要があります。

  • 直感的な操作ができるか
  • 見やすい工夫がされているか
  • 年配者でも使いやすいか

建設業界は、年配の方も多いことからITツールに慣れていない方が多いため、上記3つの点に注意しながら選択するといいでしょう。

多機能な施工管理アプリは、現場監督には適しているかもしれませんが、使いこなせないと意味がありません。シンプルで使いやすい施工管理アプリを選ぶのがおすすめです。

サポート体制から選ぶ

施工管理アプリを使用していく上で、サポート体制の整っているメーカー選択が大切です。アプリ利用時にトラブルが起きたときに、サポート体制が整っていないと、業務にも支障をきたします。

業務時間に電話やメール相談を受け付けているメーカーを選択すると、いざというときでも迅速な対応ができますよ。

また、アプリ導入前に説明会を開いてくれるメーカーもあるため、初めて導入する際に役立つでしょう。

施工管理アプリおすすめ【15選】口コミ・評判で選ぶアプリランキング

それでは次より、現在国内でリリースされている施工管理アプリ15社をランキング形式でご紹介していきます。

  • 機能
  • 料金(初期費用/月額)
  • 導入事例・口コミ評判

といった施工管理アプリを選ぶ上で事前に押さえておきたい情報をまとめております。

【1】KANNA(カンナ)

【1】KANNA(カンナ)
引用元:KANNA公式

KANNA(カンナ)のおすすめポイント

  • 初期費用0円にて利用可能
  • 直感的操作が可能で誰でも使える
  • 専属担当者が導入サポート。オンラインでの操作説明会あり
機能・できること現場管理
写真・図面管理
チャット
日報・報告
工事黒板 など
料金初期費用:0円
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社Aldagram

編集部コメント

株式会社アルダグラムが提供するKANNA(カンナ)は、2020年7月にリリースされた業界の中でも比較的新しい施工管理アプリです。実際のユーザー評価が抜群に高いのが特徴で、AppStore、GooglePlayともに今回紹介するアプリの中では最高評価を獲得しています。

機能面では、ブラウザ・アプリどちらも対応しており、写真や図面などの資料をスマホやタブレットなどでいつでも確認できます。その他機能面でも、スケジュール管理や図面管理、チャット機能などの基本機能が備わっているため、建築・建設・工事などあらゆる現場で活躍してくれるはずです。

また、。現場への浸透率が課題となることも多いシステム導入にあたり無料で自社にフィットするかを試せるのはメリットとなります。なお、下記オプションの有無等で月額料金は変動する為、是非資料をダウンロードして自社に適したプランを選択してみてください。

  • 案件カスタマイズ
  • 報告カスタマイズ
  • フォルダテンプレート
  • グループ機能
  • 電子小黒板
あわせて読みたい
カンナ(KANNA)無料施工管理アプリの口コミ評判は?料金・導入事例を徹底調査! 無料施工管理アプリの「カンナ(KANNA)」を導入する上で、下記のような疑問をもつ企業も多いのではないでしょうか。 カンナはどんなアプリなの? カンナの特徴や機能を...

【2】現場ポケット

現場ポケット公式
引用元:現場ポケット公式

現場ポケットのおすすめポイント

  • 初期費用無料、他社比較で月額コストが安い
  • サポートが充実しており導入後も安心
  • 日報機能で勤怠を見える化できる
機能・できることアルバム機能
日報
チャット
報告書機能
掲示板機能 など
料金初期費用:0円
月額料金:年間契約「11,880円(税込)」月額契約「13,200円(税込)」
※最大2ヶ月間の無料使用期間あり
対応端末iPhone 、iPad 、android 、PC (クラウドサービス)
運営会社株式会社アステックペイント

現場ポケットは、現場管理に特化したシンプルな設計が特徴でGOOD DESIGN AWARD2022を獲得した施工管理アプリです。

初期費用は無料で年間契約であれば月額11,880円(税込)で現場管理に特化した機能が標準搭載されており、他社と比較してもランニングコストが低いのが魅力の一つです。

作業開始/終了時間を簡単に登録できることで勤怠を「見える化」できる日報機能や、テンプレを使って作成できる報告書機能などで現場作業の生産性向上に期待できるでしょう。

またアフターフォローも充実している為、導入後も安心して活用ができます。

今なら2ヶ月間無料で利用が出来る為、まずは下記リンクからお試しで使ってみるのもおすすめです。

【3】Photoruction(フォトラクション)

【3】Photoruction(フォトラクション)
引用元:photoruction公式

Photoruction(フォトラクション)のおすすめポイント

  • 建築、土木現場に特化した生産支援クラウドサービス
  • 約20万件のプロジェクト導入実績あり
  • 大企業から個人事業主まで幅広く利用できる操作性
機能・できること現場・工程管理
写真・図面管理
タスク管理
検査・書類
電子納品 など
料金初期費用:無料
月額:要問い合わせ
※利用するアカウント数により変動
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社フォトラクション

編集部コメント

株式会社フォトラクションが提供している「Photoruction」は、建築・土木現場の生産支援に特化した施工管理アプリです。「生産性の向上が期待できる建設業向けクラウドサービス」「サポートが充実の建設生産支援クラウド」「建設業従事者に推奨したい建設生産支援クラウド」で3冠を得ています。(2021年4月日本マーケティングリサーチ機構調べ)

スーパーゼネコンを含めた国内外の導入プロジェクトは約30万件以上にも上ります。

Photoructionでは、図面や写真などの情報を一元管理・リアルタイムでの共有が可能です。その他にも、工程表や日報、作業指示書の作成、タスク管理、検査まで現場業務を一気通貫にカバーする機能が装備されています。

「建設の世界を限りなくスマートに」というコンセプトを軸に生まれたアプリなため、誰でも使える操作性も特徴の1つ。大企業から個人事業主まで、幅広い企業に利用されている施工管理アプリです。

【厳選】おすすめ施工管理アプリ14製品を比較表でまとめてチェック!

施工管理アプリ各サービスの機能・料金を一覧表形式でまとめて比較。社内提案でそのまま使えるエクセル資料を無料でプレゼントします。工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など様々なシーンで導入される施工管理アプリを比較検討する際にお役立てください。

【4】ダンドリワーク

【4】ダンドリワーク
引用元:ダンドリワーク公式

ダンドリワークのおすすめポイント

  • 現場を知るスタッフがアプリを開発
  • 徹底した導入サポート
  • 導入後の効果を最大限高めるアフターフォローサービスの充実
機能・できること現場情報の管理
写真・資料の管理・共有
工程表
受発注
掲示板
報告書作成・共有
クラウドサーバー容量無制限 など
料金初期費用:200,000円〜
月額:19,800円〜
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社ダンドリワーク

編集部コメント

株式会社ダンドリワークが提供する「ダンドリワーク」は、現場経験者によって開発された施工管理アプリです。現場での使用に特化した機能が多数搭載されています。

ダンドリワークの導入時には、利用者全員に対する説明会を実施し導入から浸透までを徹底的にサポート。ツールの利用の推進人材不足が課題の現場においては大きなメリットとなるでしょう。

導入後の効果を最大化するためのアフターフォローサービスも充実しています。利用状況の分析、課題改善案の提供を受けることができるので、継続した業務改善に期待できます。

【5】ANDPAD(アンドパッド)

【6】ANDPAD(アンドパッド)
引用元:ANDPAD公式

ANDPADのおすすめポイント

  • ユーザー数47万人以上、利用者数18万社超え
  • 独自の受発注管理システムで見積から請求まで完結できる
  • オンラインサポートで質問から改善要望まで聞いてくれる。メール・電話で柔軟に対応している
機能・できること現場・工程管理
写真・図面管理
チャット
顧客管理
発注・請求 など
料金要問い合わせ
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社アンドパッド

編集部コメント

株式会社アンドパッドが提供する「ANDPAD」は、導入企業数6年連続シェアNo.1を誇る施工管理アプリです。建築業界出身者がアプリを開発しているため、現場を効率よく進めるための工夫がたくさん搭載されています。

現場に必要な工程表や図面、写真を一元管理できるため、現場・事務所・客先など、どこにいても最新データをスマホで確認できます。

また、毎日の日報をアプリで撮影するだけで作成できるため、不要な労働時間を作りません。施工現場の業務改善・効率化に期待ができるでしょう。

【6】クラフタ

【7】クラフタ
引用元:crafta公式

クラフタのおすすめポイント

  • 初期費用・月額料金0円で利用可能
  • 社内外の案件情報を簡単管理、共有
  • 建設、建築業界に特化した施工管理アプリ
機能・できること現場管理
チャット
写真管理
顧客管理 など
料金初期費用・月額費用 0円
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社グローバ

編集部コメント

株式会社グローバが提供している施工管理アプリの「クラフタ」は、建設・建築・リフォーム業界に特化した完全無料のツールです。

クラフタでは、施工情報・顧客管理・工程管理・現場管理などの情報をクラウドでリアルタイム共有できます。元請・職人・メーカー・下請業者のコミュニケーションを円滑にしてくれるツールです。

施工管理アプリは有料のものも多いため、導入を検討している方は無料で使えるクラフタの利用からスタートすると、イメージが湧きますよ。

【7】現場Plus

現場Plus
引用元:現場Plus公式より

現場Plusのおすすめポイント

  • 60ID/月額1万円から利用可能
  • オプション費用不要で基本機能標準搭載
  • 直感的な操作感で年配従業員も使いやすい
機能・できることトーク
掲示板
写真
図面
工程表 など
料金初期費用:月額料金の1ヶ月分
月額:
基本プラン 60ID 10,000円 ※ストレージ50GB含む
ID追加 30IDごと 5,000円
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社ダイテック

編集部コメント

株式会社ダイテックの提供する『現場Plus』は、トーク、掲示板、工事写真、図面共有、工程表など施工管理に欠かせない機能が標準搭載されている点が特徴です。また、60IDまでであれば月額1万円(税別)で利用できるため、低コストで多人数の利用が可能です。

初期費用も月額1か月分と安価で、他社比較で低価格帯の月額、且つ基本機能が利用できる点は、導入の持ち出しコスト・ランニングコストを抑えたい中小企業にとっても大きなメリットとなるでしょう。

【8】Kizuku(キズク)

【8】Kizuku(キズク)
引用元:Kizuku公式

Kizukuのおすすめポイント

  • スケジュール管理が容易
  • チャット形式のトークで施工管理の見える化
  • 工事写真をAIが自動振り分け
機能・できること現場管理
チャット
スケジュール管理
図書共有・写真管理 など
料金初期費用 110,000円+交通費
プロプラン30月額 22,000円
プロプラン50月額 33,000円
プロプラン100月額 55,000円
※追加機能のオプションあり
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社コムテックス株式会社

編集部コメント

コムテックス株式会社が提供している「kizuku」は、約12万社が利用している施工管理アプリです。

主な特徴は、チャット形式の施工現場の見える化です。各現場に携わる関係者でのグループトークで現場の詳細な進捗状況が把握できます。年配の職人でも利用できるよう配慮されたトーク画面で、スムーズな報連相を行えるのがポイント。

またkizukuでは、AIによる画像判定機能を搭載しており、工程ごとに写真を振り分けて保存できる機能を搭載しております。報告書の半自動化機能もあるため、業務の負担となりやすい毎日の日報作成時間を短縮できるのも魅力です。

【9】eYACHO

【9】eYACHO
引用元:eYACHO公式

eYACHOのおすすめポイント

  • 写真やPDFの上に手書きメモ
  • 多種多様な帳票をワープロ感覚で制作
  • 事務所と現場での簡単で確実なコミュケーションが取れる
機能・できること現場管理
写真管理
出面表作成
業務アイテムの標準装備 など
料金初期費用 330,000円
1ライセンス年間 30,800円
30日間無料の体験版あり
講習会・テンプレート作成などのオプションあり
対応端末・iPhone
・iPad
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社MetaMoJi

編集部コメント

株式会社MetaMoJiが提供している施工管理アプリの「eYACHO」。現場業務を効率化する「テンプレート」「業務ごとに最適な操作環境の設定」「既存システムとのデータ連携可能」などの機能がたくさん搭載されています。

導入後のオンライントレーニングや利用検討中の方向けの勉強会、導入前の相談会を行っている点も嬉しいポイントです。

今すぐ取り組むためのセミナー動画も用意されているので、悩むことなく利用できるのも魅力の点です。

【10】エニワン

【10】エニワン
引用元:anyone公式

エニワンのおすすめポイント

  • 導入実績3,300社を超える工務店向け基幹システム顧客満足度No,1の施工管理アプリ
  • 5,300件以上のアップデートあり
  • 工務店、リフォーム会社の業務に特化した管理システム
機能・できること現場管理
顧客管理
入手金管理
見積・発注 など
料金要問い合わせ
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社エニワン株式会社

編集部コメント

エニワン株式会社が提供している「エニワン」は、工務店・リフォーム会社など建築業向けの施工管理アプリです。

工務店・リフォーム会社の業務に特化した機能が搭載されており、大手企業から一人親方まで幅広い方に活用されています。

エニワンの導入実績は3,400社以上、継続率は99.5%2024年5月調査時点)と導入後の浸透率や満足度の高さが伺えます。

アップデートも頻繁に行われており、常に使いやすさを追求し、今も絶えず改善しているのが特徴です。

エニワンは建材会社監修システムのため、工務店と取引が多い企業におすすめの施工管理アプリです。

【11】SITE

【11】SITE
引用元:SITE公式

SITEのおすすめポイント

  • 事業規模に合わせた4つのプラン
  • 主な機能を3つに絞っており利用しやすい
  • 業界出身者の安全サポート
機能・できること案件管理・スケジュール管理
写真管理
チャット
料金要問い合わせ
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社CONIT

編集部コメント

株式会社CONITが提供している「SITE」は、チャット・スケジュール・案件管理の3つの機能に絞った施工管理アプリです。実務で使わない機能を省くことで、現場での定着のしやすさが特徴です。

SITEは、「チャット」「スケジュール」「案件管理」の3つに機能を絞っておりそれぞれが連携しているシンプルさが魅力です。

また導入時のサポートや協力会社を含めた説明会などを業界出身者が行ってくれるのも嬉しいポイント。

現場管理以外にも、クライアント様の現場状況報告用にアプリを利用することで、リアルタイムで施行状況を知らせることもできますよ。

【12】Spider Plus(スパイダープラス)

【15】Spider Plus(スパイダープラス)
引用元:SPIDERPLUS公式

Spider Plusのおすすめポイント

  • 建設、メンテナンス業向けの図面・現場管理アプリ
  • デジタル図面に写真添付など、多くの作業を現場で完結できる利便性
  • 帳票作製が1クリックで制作可能
機能・できること現場管理
写真・図面管理
図面データ化
日報・報告書 など
料金要問い合わせ
対応端末・iPhone
・iPad
・PC
※クラウドサービス
運営会社スパイダープラス株式会社

編集部コメント

スパイダープラス株式会社が提供している「Spider Plus」は、建設・メンテナンス業向けの施工管理アプリです。Spider Plusは、現場経験のある代表が、施工管理の作業効率化を目的に共同開発したツール。

「現場の管理を楽にする」を追求したツールで、導入企業アンケートによると、1日の労働時間が約2.5時間も短縮できたという結果がでています。

またSpider Plusでは、全国各地でセミナー・勉強会を開催しています。公式HPには過去のウェビナーが見れるため、具体的な活用方法をしりたい方は、事前に閲覧すると利用イメージが湧きますよ。

【13】HOUSE GATE

【12】HOUSE GATE
引用元:HOUSE GATE公式

HOUSE GATEのおすすめポイント

  • 60日間の無料期間あり(全ての機能が利用できる)
  • LINEのような直感的な操作性
  • カレンダー、写真を一元管理できるためスムーズな工程管理ができる
機能・できること現場管理・図面管理
スケジュール管理
チャット
写真共有 など
料金初期費用 0円
月額払い 1,650円〜
年額払い 1,350円〜
※価格は税抜表示
※直近60日間の更新内容が閲覧可能な無料プランあり
対応端末・iPhone
・iPad
・Android
※クラウドサービス
運営会社株式会社 HOUSE GATE

編集部コメント

株式会社 HOUSE GATEが提供している「HOUSE GATE」は、小規模企業向けの施工管理アプリです。「良いコミュケーションが良い家をつくる」のコンセプトのもと、家作りに特化した機能が搭載されています。

施主や業者間で利用されている、メール・FAX・LINEなどの連絡ツールをひとまとめに集約しています。コミュケーションアプリとしての利用がメインとなる製品です。

【14】CAREECON for WORK 施工管理

【13】CAREECON for WORK 施工管理
引用元:CAREECON for WORK 施工管理公式

CAREECON for WORK 施工管理のおすすめポイント

  • 工程表のリアルタイム管理
  • クラウド上での写真・図面編集
  • 業務内容に合わせたカスタマイズ機能
機能・できること現場管理
写真管理
画像編集
報告書 など
料金初期費用・導入研修費用 200,000円
ビジネスプラン年契約一括払い 28,000円(30名まで)
(月払いの場合30,000円)
※10名毎 月額5,000円
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社BRANU株式会社(ブラニュー)

編集部コメント

BRANU株式会社が提供している施工管理アプリの「CAREECON for WORK 施工管理」。建設業のデスクワークをもっと楽にすることをコンセプトに作られています。

写真の一元管理や工程表の共有など、作業効率化のために必要な機能を搭載しています。図面や写真をインターネット上で直接編集できるため、常に最新の情報を共有できるのが嬉しいポイント。

建設業界のさまざまな業種にフィットするCAREECON for WORK 施工管理の導入をぜひ検討してみてください。

あわせて読みたい
CAREECON for WORK 施工管理の口コミ評判は?機能・料金・導入事例まとめ 建設業界のデスクワーク改善に役立つ、施工管理アプリの「CAREECON for WORK 施工管理」。実際に導入してみたいが、下記の悩みをもつ企業も多いのではないでしょうか。 ...

【15】現場クラウド

【14】現場クラウド
引用元:現場クラウドOne公式

現場クラウドのおすすめポイント

  • 顧客満足度90%のサポート体制
  • 国土交通省「NETIS」に登録
  • 図面データから3次元データ表示等の表示可能
機能・できること現場管理
図面管理・写真管理
チャット
文書決裁機能 など
料金初期費用:0円
月額:9,800円
※追加オプションあり
対応端末・iPhone
・iPad
・android
・PC
※クラウドサービス
運営会社株式会社現場サポート
サイボウズ株式会社
※共同開発アプリ

編集部コメント

株式会社現場サポートとサイボウズ株式会社が共同開発を手掛けた「現場クラウド」は、顧客満足度90%以上の施工管理アプリです。

現場クラウドは5万件以上の導入実績と、国土交通省が管理しているNETISに登録された現場支援型サービスが特徴です。書類・写真・スケジュールなどを共有できるため、事務作業の効率化と円滑なコミュケーションが取れますよ。

平日9時から18時まで対応している問い合わせ窓口があるため、利用方法で悩んだ際のサポート体制も充実しています。

【厳選】おすすめ施工管理アプリ14製品を比較表でまとめてチェック!

施工管理アプリ各サービスの機能・料金を一覧表形式でまとめて比較。社内提案でそのまま使えるエクセル資料を無料でプレゼントします。工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など様々なシーンで導入される施工管理アプリを比較検討する際にお役立てください。

施工管理アプリで現場の業務を改善しよう

施工管理アプリで現場の業務を改善しよう

厳選した施工管理アプリ15選を紹介しました。建設業界はDX推進の手が届いておらず、労働時間や残業時間に影響がでやすい仕事です。

施工管理アプリでできる内容を下記にてまとめました。

  • 作業効率化
  • リアルタイムでの情報共有
  • 工事品質向上

スマホやタブレットで現場情報を把握し、変更点があればすぐに共有できる点が、施工管理アプリを導入する最大のメリットでしょう。

施工管理アプリは多種多様なものが用意されているため、自社に必要な機能を搭載しており、予算内に収まるアプリ選択が大切です。

今回紹介したアプリを参考に、現場の業務改善へと役立ててくださいね。

あわせて読みたい
工事現場の工程管理ソフト【厳選9選】フリーソフト・アプリをご紹介 建設業界を円滑に進めるために必要なのが「工程管理」です。工程管理を疎かにすると、業務に支障をきたし、スムーズな施工ができなくなります。 工程管理の業務効率化に...
あわせて読みたい
工事写真アプリ【おすすめ9選】機能・料金をまとめて比較! 建築・建設業界の業務改善に役立つ「工事写真アプリ」ですが、以下の疑問を抱えている企業も多いのではないでしょうか。 工事写真アプリとは? 工事写真アプリの機能と...
▼ おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
kanna
KANNA
初期費用・月額0円で基本機能の利用が可能。有料カスタマイズあり。Appstoreレビュー評価☆4.4(2024年5月時点)
現場ポケット
最大2ヶ月無料で全機能トライアルOK。契約更新率95.68%、現場への浸透◎
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
▼おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
KANNA
初期費用・月額0円から利用可。Appstoreレビュー評価☆4.5
Photoruction
建築、土木現場特化の施工管理アプリ。10万社以上の導入実績
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次