案件管理ツールおすすめ【15選】企業のタイプ別に紹介・無料もあり

取引先や営業進捗を可視化し記録・管理することを案件管理といいます。

取引先情報やプロジェクトの進捗状況・受注状況などを一元管理できる案件管理ツールを活用し、業務効率化を進める企業も増えています。

案件管理ツールを導入する際に、得られるメリットやおすすめのツールを把握したいという方も多いのではないでしょうか。

この記事では、案件管理の概要と導入するメリット、企業タイプ別のおすすめツールを紹介しています。

導入する際の悩みである選び方についても解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

案件管理とは

案件管理とは

案件管理とは、目標を達成するために営業進捗や顧客情報を管理することです。

案件がどのような状態なのか、顧客情報や進捗状況を可視化し、案件が受注につながるかの見込みを判断できるようにしておくことが大切です。

また「いつ・どこで・だれが・どのような」という5W1Hの情報に加え、受注見込度や受注予定日、予想売上額などを管理します。

上記の内容をExcelやスプレッドシートで管理するのは大変であり、情報の確認が難しいでしょう。

そこで役立つのが、案件管理ツールです。

近年では、取引先の情報や案件の進捗状況・受注確度などを一元管理してから分析を行う「案件管理システム」を活用する企業が増えています。

なお、案件管理システムは、別名「販売管理システム」とも呼ばれているので覚えておきましょう。

あわせて読みたい
バーチャート工程表とは?ガントチャート工程表との違いや作り方までをご紹介 建設現場で使用している工程表は、工期を守る役割や品質を担保するために活用される書類です。 現場で使用されている工程表には、複数の種類があり使用目的や方法が異な...
あわせて読みたい
ガントチャートアプリおすすめ【12選】無料アリ・個人利用OKまでニーズに合わせて紹介 プロジェクトを円滑に進めるためには、各タスクの進捗状況の把握が重要です。 ガントチャートは、各タスクの進捗状況を簡単に可視化でき、プロジェクトの把握に最適です...

案件管理ツールを導入するメリット

案件管理ツールを導入するメリット

案件管理を円滑にサポートしてくれるツールを導入することで得られるメリットは、次の通りです。

  • 紐ついた情報の管理が簡単にできる
  • 情報共有の便利さ
  • マルチデバイスで作業が進められる
  • 案件管理に役立つ機能が備わっている

それでは上記から順に詳しく解説します。

紐ついた情報管理が簡単にできる

案件管理ツールを導入することで、取引先の会社名や住所、担当者の連絡先などの情報が紐付けられているので、関連情報の確認が簡単にできます。

従来のExcelやスプレッドシートで管理している場合は、取引先の情報を確認するためのファイルを参照しなければなりません。

また、進捗が滞っている案件に対しても素早く対応できる点も特徴です。

顧客情報や過去に行ったアプローチを確認し、次のアクションに繋げられます。

Excelなどの管理に比べ、案件管理ツールであれば、情報管理に必要な時間や労力を大幅に削減できます。

情報共有の便利さ

案件管理ツールには、メッセージ・コメントといった機能があり、情報共有が簡単に行えます。

属人化を防ぎやすくなり、チーム全体によるプロジェクトマネジメントが円滑に進められます。

マルチデバイスで作業が進められる

案件管理ツールを導入するメリットのひとつが、マルチデバイスに対応していることです。

従来の案件管理の方法では、事務所に足を運びパソコンを立ち上げる必要があります。

しかし、スマートフォンやタブレットにも対応している案件管理ツールを利用すれば、インターネットに接続できる場所であればいつでも顧客情報の管理が可能です。

あわせて読みたい
現場管理はタブレットで円滑に!メリットやおすすめの施工管理アプリを紹介 従来の建設業界は、図面・資料などを現場に持ち歩くことが当たり前となっていました。しかし近年では、タブレット端末を利用することで、現場管理に必要な道具を軽量化...

案件管理に役立つ機能が備わっている

案件管理ツールには、スケジュールやリマインダーといった、案件管理をサポートしてくれる機能が搭載されています。

上記の機能は一部ですが、タスクの見落としや連絡の忘れなどを防ぎ、業務遂行に役立ってくれます。

あわせて読みたい
スケジュール管理アプリ【21選】おすすめの人気アプリを比較・無料もあり スケジュール管理アプリは、目的に合うタイプを選んで利用すれば、スケジュール管理の効率が上がる便利なツールです。 しかし、スケジュール管理アプリには様々な種類が...

案件管理ツールの選び方

案件管理ツールの選び方

案件管理ツールもさまざまな機能を搭載したものが登場しています。

ツールごとに特徴や料金形態が異なるため、企業のニーズに合ったものを選択することが大切です。

案件管理ツールを選ぶ際は、下記で紹介するポイントを意識しながら導入を検討してくださいね。

  • クラウド型かオンプレミス型かで選ぶ
  • 目的に合った機能があるか
  • 運用しやすい費用なのか
  • 外部ツールとの連携性
  • 利用しやすい操作性か

クラウド型かオンプレミス型かで選ぶ

案件管理ツールには、クラウド型とオンプレミス型の2種類があります。

クラウド型は導入コストが抑えられ、利用開始から運用までの期間が短いのがメリットです。

しかし、カスタマイズできないツールが多いのがデメリットとなります。

一方オンプレミス型は、自社専用のシステムを構築するため導入コストが高くなる傾向があり、利用開始できるまでの時間を必要とします。

しかし、自社に最適なシステムを自由にカスタマイズできる点がメリットです。

目的に合った機能があるか

案件管理ツールを導入する際には、自社の経営課題を解決できる機能を搭載したものを選ぶことが重要です。

導入を検討しているツールで「何ができるのか」を明確にしておくことが大切です。

例えば「大規模なプロジェクト全体を把握したい」となれば、工数管理が得意なツールを選択する必要があります。

タスク管理に特化しているのか、コミュニケーション機能に特化しているのかなど、目的に合った機能を導入することが必要でしょう。

運用しやすい費用なのか

案件管理ツールは、無料と有料で利用できるツールに2パターンがあります。

無料ツールの多くは、機能制限や人数制限などの制約があるパターンが多い傾向です。

有料ツールは、機能はすべて使用できるが、利用人数や容量により費用が増えるケースが多くあります。

そのため、導入する際は進めたいプロジェクトの人数や規模に合わせて、運用しやすいツールを選択することをおすすめします。

外部ツールとの連携性

業務で利用している別のITツールがある場合は、導入を検討している案件管理ツールと連携できるか確認しておくことが大切です。

チャットアプリやカレンダーアプリなど、業務でよく利用するツールと連携できると、案件管理が効率よく進められます。

また、案件管理ツールにより連携方法が異なるため、連携方法も確認しておくと安心でしょう。

利用しやすい操作性か

案件管理ツールを導入する際は、誰もが利用しやすい直感的な操作性のツールをおすすめします。

利用者が使いやすくなければ業務効率が悪くなり、求めている結果を得られない可能性が高くなります。

ITツールに不慣れな方でも利用できる、誰もが操作できるツールの導入が大切です。

おすすめ案件管理ツール【15選】

案件管理ツールを導入する企業により、求めている機能が異なることから、4つのタイプにわけておすすめ15選を紹介します。

無料・低コストで使用したい企業向け

KANNA

KANNA
引用元:KANNA公式サイト
KANNAのおすすめポイント
  • プロジェクトの可視化が得意
  • 各社に最適なオリジナル機能の開発が可能
  • App Storeで高評価を獲得
機能・できること案件管理
現場管理
写真管理
チャット
報告書作成機能
料金初期費用:0円
運営会社株式会社アルダグラム
編集部コメント

株式会社アルダグラムが提供するKANNA(カンナ)は、2020年7月にリリースされた案件管理システムであり、20,000件以上の導入実績があります。

建設業界はもちろん、製造業・物流業の物品管理やプロジェクト管理など、あらゆる現場情報を可視化し、クラウドで一元管理できるシステムです。

KANNAに搭載されている「案件・顧客管理機能」により、工事のスケジュールや進捗状況等をリアルタイムにミスなく把握できるため、管理者が毎回現場へ足を運んだりメールや電話で何度も確認する必要がなくなります。

また、

導入コストを抑えることができ、シンプルで直感的な操作が好評なツールを探している方におすすめです。

あわせて読みたい
カンナ(KANNA)無料施工管理アプリの口コミ評判は?料金・導入事例を徹底調査! 無料施工管理アプリの「カンナ(KANNA)」を導入する上で、下記のような疑問をもつ企業も多いのではないでしょうか。 カンナはどんなアプリなの? カンナの特徴や機能を...

Jooto

Jooto
引用元:jooto公式サイト
Jootoのおすすめポイント
  • カンバン方式の案件管理ツール
  • 直感的で親しみやすいデザイン
  • 40万人以上に利用されているサービス
機能・できること案件管理
タスク管理
ガントチャート
進捗管理
料金無料プラン:月額0円
スタンダードプラン:月額550円(税込)
エンタープライズプラン:月額1,430円(税込)
タスクDXプラン:お問い合わせください
運営会社株式会社 PR TIMES
編集部コメント

株式会社PR TIMESが提供している「jooto」は、直感的に利用できる案件管理ツールです。

大規模なプロジェクトから細かなプロジェクトでも、円滑にサポートしてくれるのが特徴です。

jootoの基本操作は、ドラック&ドロップでシンプルかつ直感的に利用できるので、ITツールに不慣れな方でも操作に悩むことがないでしょう。

また、エンタープライズプランなら、セキュリティ機能や導入サポートが充実しているため、はじめてプロジェクト管理ツールを導入する企業でも安心です。

あわせて読みたい
Jootoの口コミ評判は?機能・料金・導入事例まとめ 引用元:Jooto公式サイト 日々の業務の中でプロジェクトなどの納期は遅れてはいけない非常に重要なことです。 そんなプロジェクトの進捗管理は労力がかかり、業務の負担...

Trello

Trello
引用元:trello公式サイト
Trelloのおすすめポイント
  • 直感的な案件管理ができる
  • 人数制限なく無料で利用できる
  • 全世界200万以上の企業で利用されている
機能・できること案件管理
タスク管理
外部連携機能
料金初期費用:0円
フリープラン:月額0円
スタンダード:月額5ドル
プレミアム:月額10ドル
エンタープライズ:月額17.50ドル
運営会社ATLASSIAN
編集部コメント

Trello(トレロ)は、大小問わずあらゆる案件のワークフローやタスクの管理が可能なツールです。

「Google」「VISA」「zoom」など、世界中の企業が利用しており、案件管理を効率よく進められます。

トレロではGmail・Slack・Outlookなど、数100種類を超えるアプリとの連携が可能です。

さまざまなアプリと連携できるため、複数のアプリを利用しながら案間管理したい方におすすめです。

【厳選】おすすめ施工管理アプリ14製品を比較表でまとめてチェック!

施工管理アプリ各サービスの機能・料金を一覧表形式でまとめて比較。社内提案でそのまま使えるエクセル資料を無料でプレゼントします。工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など様々なシーンで導入される施工管理アプリを比較検討する際にお役立てください。

Asana

Asana
引用元:asana公式サイト
Asanaのおすすめポイント
  • 世界中で利用されているプロジェクト管理ツール
  • さまざまなワークフローに対応
  • 200種類以上の外部アプリとの連携
機能・できること案件管理
タスク管理
チャット
ガントチャート
料金Basic:月額0円
Premium:月額1,475円(1ユーザー)
Business:月額3,300円(1ユーザー)
Enterprise:要お問い合わせ
運営会社Asana Japan株式会社
編集部コメント

「Asana」は、世界中で10万以上の企業で利用されている案件管理ツールです。

仕事の生産性向上と効率化を追求した機能が搭載されており、チームをつなぎプロジェクト全体を可視化します。

Asanaは、複数のチームが絡む複雑なプロジェクト管理のために作られているのが特徴です。

プロジェクト全体を一元管理するため、チームの認識を合わせて業務改善に貢献します。

連携できるアプリ・ツールは200種類以上あり、利用するツールを1箇所にまとめることで仕事の効率化を促進させます。

MyRedmine

MyRedmine
引用元:MyRedmine公式サイト
MyRedmineのおすすめポイント
  • 1000人利用しても月額8,800円から利用できる
  • 進捗状況の共有がスムーズにできる
  • お試しで試せるプランあり
機能・できること案件管理
タスク管理
ガントチャート
ナレッジ共有
料金スタンダード:月額8,800円(税込)
ミディアム:月額15,400円(税込)
エンタープライズ:月額30,800円(税込)
運営会社ファーエンドテクノロジー株式会社
編集部コメント

ファーエンドテクノロジー株式会社が提供している「MyRedmine」は、案件管理のオープンソースである「Redmine」をクラウドで利用できるサービスです。

Redmineではインストールしたパソコンでしか操作ができませんが、クラウドシステムのMyRedmineはインターネットに接続するだけで利用できます。

MyRedmineは、案件管理やタスク管理をはじめ、お問い合わせ管理・バグ管理などさまざまな用途で利用されています。

さまざまな機能を搭載した案件管理ツールを探している方におすすめです。

Bitrix24

Bitrix24
引用元:bitrix24公式サイト
Bitrix24のおすすめポイント
  • 1,200万社以上の導入実績あり
  • 18言語に対応
  • マルチデバイス対応
機能・できること案件管理
タスク管理
顧客管理
マーケティング自動化
料金Free:月額0円
Basic:月額61ドル
Standard:月額124ドル
Professional:月額249ドル
運営会社Bitrix
編集部コメント

「Bitrix24」は、なんでもこなせるビジネスソフトウェアです。

さまざまなサービスやアプリの機能をすべて搭載しており、全世界1,200万社以上の企業が利用しています。

顧客管理・カスタマーサポート・マーケティング自動化などのセールス機能がすべてそろっており、無期限・無制限のユーザーが利用できるのが特徴です。

1つのシステムで企業全体の管理を統合する際に便利なツールと言えるでしょう。

Wrike

Wrike
引用元:Wrike公式サイト
Wrikeのおすすめポイント
  • 2万を超える企業のサポートを実施
  • 案件管理機能の受賞歴あり
  • 400を超えるアプリとの連携機能
機能・できること案件管理
タスク管理
外部連携機能
料金Free:月額0円
Team:月額9.80ドル
Business:月額24.80ドル
Enterprise:要お問い合わせ
運営会社Wrike Japan株式会社
編集部コメント

「Wrike」は、世界中で2万社以上の企業から信頼を得ている案件管理ツールです。

リアルタイムな可視化ができるダッシュボードとレポート機能で、作業遅延の予測と防止に役立ちます。

Wrikeでは、チームの働き方をスマートにする機能が用意されています。

業務内容と進捗状況の見える化、AIによる自動化で組織の生産を飛躍的に高めてくれます。

また、Wrikeには用途別のテンプレートが用意されており、効果をすぐに体験できるのが特徴です。

沢山のデータを扱う企業向け

Zoho CRM Plus

Zoho CRM Plus
引用元:Zoho CRM Plus公式サイト
Zoho CRM Plusのおすすめポイント
  • 8,000万人以上のユーザーが利用している
  • 顧客管理から営業支援などの8つのサービスが利用できる
  • さまざまなレビューサイトで高評価を獲得
機能・できること案件管理
タスク管理
外部連携機能
料金1ユーザー:月額8,280円
運営会社ゾーホージャパン株式会社
編集部コメント

「Zoho CRM Plus」は、8つの強力なツールを1つの統一されたインターフェイスに集約した、営業・マーケティング・サポート業務を網羅的に支援する統合システムです。

8つのツールは、すべて自社で構築しています。

Zoho CRM Plusは、シンプルな料金設定が魅力のひとつです。

月間プランと年間プランを選択できるので、運用しやすい料金を選択できます。

案件管理以外にも顧客管理や業務管理など、複数の統合された管理システムを探している方におすすめです。

Sales Cloud

Sales Cloud
引用元:Sales Cloud公式サイト
Sales Cloudのおすすめポイント
  • 直感的で利用しやすいインターフェース
  • 営業プロセスの自動化
  • 顧客満足度の上昇
機能・できること案件管理
営業支援
売上予測
商談管理
料金Essentials:月額3,300円(税込)
Professional:月額10,560円(税込)
Enterprise:月額21,780円(税込)
Unlimited:月額43,780円(税込)
運営会社株式会社セールスフォース・ジャパン
編集部コメント

「Sales Cloud」は、世界トップクラスのシェアを誇る案件管理システムです。

業務の効率化と自動化に役立つ各種ツールが搭載されているのが特徴です。

Sales Cloudでは、各案件の規模や状況を一元管理し、受注漏れを未然に防げます。

案件ごとにスケジュールやToDoリストを管理できるので、円滑な管理ができるでしょう。

多種多様な機能を搭載した案件管理ツールを探している方におすすめのツールです。

新規開拓・営業支援・名刺管理までを一元化したい企業向け

eセールスマネージャー Remix

eセールスマネージャー Remix
引用元:e-sales公式サイト
eセールスマネージャー Remixのおすすめポイント
  • 185業種以上に対応している案件管理システム
  • システム定着率95%の実績
  • 一度の情報入力ですべてに自動反映
機能・できること案件管理
商談管理
日報管理
名刺OCR・デジタル化
料金スケジュールシェア:月額/1ユーザーあたり 
3,000円 ナレッジシェア:月額/1ユーザーあたり 
6,000円 スタンダード:月額/1ユーザーあたり 11,000円
運営会社ソフトブレーン株式会社
編集部コメント

「eセールスマネージャーRemix」は、5,500社以上の導入実績と利用継続率95%の案件管理システムです。

導入している企業は、大手企業から中小企業まで幅広く、業種に関係なく対応できるノウハウを持っています。

eセールスマネージャーRemixはスマートフォンで名刺を撮影するだけで、名刺情報がテキスト化され登録できるのがポイントです。

面倒な名刺登録の手間を省き、業務効率化がはかれます。

また、人脈管理機能といった他製品にはない機能が搭載されています。

新規開拓・営業支援・名刺管理までを一元化したい企業におすすめのシステムです。

Knowledge Suite

Knowledge Suite
引用元:knowledgesuite公式サイト
Knowledge Suiteのおすすめポイント
  • 複数の機能が利用できるオールインワンサービス
  • ユーザー数無制限で利用できる
  • マルチデバイス対応
機能・できること案件管理
スケジュール管理
名刺OCR・デジタル化
文書管理
料金グループウエア:月額11,000円(税込)
SFAスタンダード:月額55,000円(税込)
SFAプロフェッショナル:月額88,000円(税込)
運営会社ブルーテック株式会社
編集部コメント

ブルーテック株式会社が提供している「Knowledge Suite」は、ビジネスに必要な機能がオールインワンで搭載されており、業務プロセスの改善を図ることができるクラウド型の案件管理ツールです。

Knowledge Suiteは名刺のデジタル化ができるので、顧客とオンラインで名刺交換したり、受け取った名刺を顧客データをして保存したりできます。

名刺管理・Web名刺交換や日々の営業活動報告などの情報を一元管理できます。

名刺デジタル化サービスを活用することで、新規顧客の情報をグループウェアで共有し、活動情報や活動予定を紐付けて管理できるのが強みです。

Sales Force Assistant

引用元:salesforce-assistant公式サイト
Sales Force Assistantのおすすめポイント
  • クラウド型とオンプレミス型の2パータン利用できる
  • AI秘書が業務をサポート
  • 営業スタイルに合わせた豊富な製品数
機能・できること案件管理
顧客管理
営業支援機能
アシスタント機能
料金クラウド型:月額3,500円〜
オンプレミス型:667円(※5年利用月額換算)
運営会社株式会社NIコンサルティング
編集部コメント

「Sales Force Assistant」は、営業を管理するのでなく、営業を支援するをコンセプトにしている営業支援システムです。

「AI秘書」が現場の一人ひとりをアシストしてくれるのが特徴です。

AIとコンサルタントの知見を融合した独自のシステムで、システム内に蓄積された企業個別の顧客情報や案件情報、商談の進捗上や内容を自動的に学習・解析し、利用企業の担当者に最適なアドバイスをしてくれます。

また、他社にはないクラウド型とオンプレミス型の両方が利用できる点もポイントです。

案件管理の支援に特化したツールを探している方におすすめです。

特徴的な機能を使用したい企業向け

Notion

Notion
引用元:Notion公式サイト
Notionのおすすめポイント
  • 無料で利用できる
  • マルチデバイスに対応
  • AIが利用できる案件管理ツール
機能・できること案件管理
タスク管理
ドキュメント機能
メモ機能
料金フリー:月額0円
プラス:月額8ドル
ビジネス:月額15ドル
エンタープライズ:要お問い合わせ
運営会社Notion Labs Inc.
編集部コメント

「Notion」とは、シンプルで利用しやすい多機能な案件管理ツールです。

案件管理ツールには珍しい、メモ機能・ドキュメント機能・データベース機能など、多彩な機能が搭載されています。

また、AIの力を借りて作業が進められるため作業スピードや品質の向上に役立ちます。

面倒な業務をAIによる自動化を利用するだけで、大幅な業務短縮ができるでしょう。

さまざまな機能をNotionに集約できるので、使用するアプリやツールを最小限に留められます。

必要最低限のツールで最大限の効果を発揮するのに最適なシステムです。

Mazrica

Mazrica
引用元:mazrica公式サイト
Mazricaのおすすめポイント
  • 営業成約に直結するシステム
  • AIによるリスク分析や類似案件のアドバイス
  • 無料トライアルあり
機能・できること案件管理
顧客管理
行動管理
AI機能
料金スターター:月額27,500円
グロース:月額110,000円
エンタープライズ:月額330,000円
運営会社株式会社マツリカ
編集部コメント

株式会社マツリカが提供している「Mazrica」は、入力自動化とAIの力で営業組織を成果に導く新しい案件管理ツールです。

AIが案件のリスク分析や類似案件を直接アドバイスしてくれるのは、Mazricaにしかない独自のサービスです。

また、営業とリモートワークを支えてくれる案件ボードや名刺や議事録のスキャン機能など、多数の機能が搭載されています。

Mazricaは今回紹介する案件管理ツールの中では高価格帯な運用コストがかかります。

まずは無料トライアルで操作や機能を試してから導入を検討するといいでしょう。

cyzen

cyzen
引用元:cyzen公式サイト
cyzenのおすすめポイント
  • オリジナル顧客マップの作成
  • 音声入力が可能
  • スマホに特化した案件管理アプリ
機能・できること案件管理
地図作成
報告書作成
チャット
料金1アカウントあたり1,100円〜
※詳しくは公式ページよりお問い合わせください
運営会社レッドフォックス株式会社
編集部コメント

「cyzen」は、マップを活用した顧客情報の管理や活動情報の共有が特徴的な案件管理アプリです。

現場レベルで利用しやすい成果につながる機能が豊富に搭載されています。

取引先・見込み客・店舗などの顧客情報をマップに記録できるため、訪問漏れや進捗状況の把握に役立ちます。

「タグ」と呼ばれるアイコンの設定ができるので顧客状況の把握がしやすいのが特徴です。

cyzenは外で働く人の作業を簡単にデータ化してくれる機能が豊富にあるため、営業活動の多い企業におすすめできます。

【厳選】おすすめ施工管理アプリ14製品を比較表でまとめてチェック!

施工管理アプリ各サービスの機能・料金を一覧表形式でまとめて比較。社内提案でそのまま使えるエクセル資料を無料でプレゼントします。工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など様々なシーンで導入される施工管理アプリを比較検討する際にお役立てください。

まとめ

まとめ

案件管理は、目標を達成するための顧客情報や進捗状況を可視化し、受注につながるようにするために必要です。

案件を受注までを円滑に進めるには、案件管理ツールの導入が必須です。

多様な案件管理ツールがあるので、下記のポイントを抑えると自社に必要なツールを選択しやすいでしょう。

  • 導入形態
  • 導入目的を
  • 費用面
  • 外部ツールとの連携性
  • 操作性

今回紹介した案件管理ツールは、さまざまなシチュエーションを想定して4パターン用意しました。

案件管理ツールを利用し、案件管理の効率化に役立ててくださいね。

あわせて読みたい
【建設業向け】おすすめ現場管理アプリ16選|建設現場で使えるアプリを比較・無料もあり 建設業界のDX推進により、さまざまなITツールが開発されています。 そのなかでも建設業向けアプリは、業務効率化に役立ち業務時間の短縮に貢献してくれるツールです。 ...
▼ おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
kanna
KANNA
初期費用・月額0円で基本機能の利用が可能。有料カスタマイズあり。Appstoreレビュー評価☆4.4(2024年5月時点)
現場ポケット
最大2ヶ月無料で全機能トライアルOK。契約更新率95.68%、現場への浸透◎
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
▼おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
KANNA
初期費用・月額0円から利用可。Appstoreレビュー評価☆4.5
Photoruction
建築、土木現場特化の施工管理アプリ。10万社以上の導入実績
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次