設備点検にはタブレットを活用すべき?導入するメリットからタブレットに対応している設備点検システムまでを解説

設備点検のとき、タブレットは使える?

タブレットによる設備点検のメリットはある?

以上の疑問や悩みをお持ちではないでしょうか。

施設のメンテナンスをはじめ、点検業務をしている方には、タブレットを利用した設備点検システムの導入がおすすめです。

タブレットによる設備点検は、紙ベースの作業からの解放・時間と労力コストの削減・作業員の負担軽減にもつながります。

本記事では、タブレット対応の設備点検システムの紹介や導入するメリットを紹介しています。

自社に導入できるか、ぜひ検討してみましょう。

目次

未だ紙ベースが主流の設備点検

未だ紙ベースが主流の設備点検

現在でも、設備点検は多くの業界で紙ベースが主流です。

しかし、DX(デジタルトランスフォーメーション)化の推進やテクノロジーの進化により、従来の手法の限界が浮き彫りになっています。

紙ベースの点検は手作業が中心で、情報の集約や共有が難しくヒューマンエラーのリスクも高いです。

一方で、デジタル化した点検は業務効率化やデータの正確な管理を可能にし、リアルタイムでの情報共有もできます。

以上のような背景から、多くの企業や組織がDX化を進め、設備点検のデジタル化に取り組みはじめています。

タブレットを活用した設備点検システムの導入により、これからの時代に合ったスマートな点検手法が進んでいくでしょう。

あわせて読みたい
現場管理はタブレットで円滑に!メリットやおすすめの施工管理アプリを紹介 従来の建設業界は、図面・資料などを現場に持ち歩くことが当たり前となっていました。しかし近年では、タブレット端末を利用することで、現場管理に必要な道具を軽量化...

設備点検は義務

設備点検は、私たちの安全と法的遵守の観点から重要な義務です。

労働安全衛生法や消防法など法令により、建物や機器の点検は定期的におこなうべき検査とされています。

設備の点検をすることは、労働者の健康と安全を保護するため、また火災や事故のリスクを最小限に抑えるための措置です。

設備点検を怠ってしまうと、法的な違反となり、安全をおびやかすことにもつながります。

よって、定期的に設備点検をすることは、法律遵守とともに社会全体の安全を確保するために重要な点検業務といえます。

設備点検でタブレットを使うメリットは?

設備点検でタブレットを使うメリットは?

設備点検において、タブレットを活用するメリットは以下の3つです。

  • リアルタイムで情報を共有できる
  • ペーパーレス化が促進する
  • 設備点検の作業効率が上がる

一つずつ解説しているので、導入を検討するうえでの参考にしてみてください。

リアルタイムで情報を共有できる

タブレットを導入することで、点検作業の結果や異常をリアルタイムで共有できます。

例えば、現場で問題が発生したときに入力内容を関係者が瞬時に確認できることで、適切な対処を迅速におこなえます。

現場の作業員は、タブレットを使って現場の状況を撮影しておくことも可能です。

経験の浅い点検者が無事に作業できているかのチェックもしやすくなります。

ペーパーレス化が促進する

従来の紙ベースの点検は、多くの資料を扱うため整理が大変でした。

タブレットを使用すれば、大量の紙や書類を持ち歩く必要がなくなります。

事務所に溜まっていく書類をクラウド保管することで、スペースの確保や環境への配慮にもつながるでしょう。

またデジタル上でデータを収集・保存できるので、資料の紛失や手書きによるヒューマンエラーのリスクを軽減できます。

例えば、点検記録の検索や保管が簡単になり、必要な情報へのアクセスもしやすくなります。

設備点検の作業効率が上がる

タブレットでは、事前にテンプレートから作成した点検シートもとに記入できるため、作業時間の短縮につながります。

例えば、設備ごとのチェックリストを事前に登録しておけば、作業員は項目をタップしていくだけで完了します。

現場作業が楽になるだけでなく、紙で記録して、事務所に戻ってから転記・データ集計する手間なども省けるのです。

作業の効率が向上し、1箇所の点検にかかる時間を短縮すれば、1日に複数箇所の点検ができます。

従来の点検数の限度を超えられるため、事業の拡大にもつながるでしょう。

あわせて読みたい
設備保全管理システムおすすめ【15選】機能・料金面で徹底比較無料もあり 「設備管理のシステムを効率化したい...」 「おすすめの設備保全管理システムはある?」 設備の保全管理は企業にとって重要な課題ですが、適切なシステムを見つけるのは...

【タブレット対応】設備点検システムおすすめ3選

タブレットに対応した設備点検システムのおすすめ3選を紹介していきます。

点検業務の効率化に大きく貢献するので、ぜひ自社で導入できるか検討してみましょう。

KANNA

KANNA
引用元:KANNA公式
機能・できることチャット
現場のリアルタイム共有
物件管理
顧客管理
現場管理
料金初期費用:0円
運営会社株式会社アルダグラム

KANNAのおすすめポイント

  • 直感的でわかりやすいデザイン
  • 複数の現場をまとめて管理できる
  • 自社に応じたカスタマイズができる

編集部コメント

「KANNA」は、アルダグラム社が提供するアプリで、建設・不動産・建物管理などの業務をスムーズに進めるのに役立つツールです。

シンプルで使いやすいインターフェースで、パソコンだけでなく、スマホやタブレットでも利用できます。

導入企業は30,000社以上で、アプリ評価もNo.1を獲得しています。

現場の点検効率を良くするのはもちろん、管理者側もリアルタイム共有によって確認できるため、施設管理の業務の手間が簡素化されるでしょう。

また、

「設備点検の業務を効率化したい」、「まずは無料でシステムを導入したい」という企業は、ぜひKANNAの利用を検討してみましょう。

アズビルBOSS-24

アズビルBOSS-24
引用元:アズビル公式サイト
機能・できること設備診断データ管理
防犯・防災管理
環境衛生管理
テナント対応管理
在庫管理(備品・消耗品など)
料金要問い合わせ
運営会社アズビル株式会社

アズビルBOSS-24のおすすめポイント

  • 24時間365日の遠隔操作
  • 管理データを収集して分析できる
  • 建物全体を一元管理できる

編集部コメント

BOSS-24は、アズビル株式会社が提供するビルメンテナンスシステムで、公共施設や病院・学校などでも幅広く利用されています。

設備の保守だけでなく、防犯や防災管理・データ管理による分析など多岐にわたるサポートを提供し、特に消防署や警備業者との連携しているのも大きな特徴です。

さらに24時間365日の遠隔監視による強力なサポート体制が整備されており、コールセンターや部品の在庫管理など、万が一のトラブルにも迅速な対応ができます。

「ビル管理をオートメーション化したい方」、「つねにビル運営のサポートが必要な方」は、以下のリンクをご覧いただき、詳細を確認してみてください。

点検エース for Excel®

点検エース for Excel®
引用元:点検エース公式サイト
機能・できること報告書作成
写真データ管理
リアルタイム共有
定型文入力ツール
タブレットによるカメラ撮影
料金1年パッケージ(1ライセンス):55,000円
1年パッケージ(5ライセンス):165,000円
運営会社株式会社ビジー・ビー

点検エース for Excel®のおすすめポイント

  • 既存のExcelファイルを活用できる
  • 問題点を簡単にハイライトできる
  • タップのみで入力ができる

編集部コメント

点検エース for Excel® は、株式会社ビジー・ビーが提供しているシンプルな操作性で誰でも使いやすい設備点検システムです。

タブレットによる簡単操作で、手書きによるミスや時間のロスを削減します。

また従来のExcelによる報告書をタブレットに移すことができるため、システムを導入することでのダウンタイムもほとんどありません。

製品の工程管理・検査装置の点検・ビルや施設の点検・エレベーター点検など、さまざまな設備点検で活躍します。

システムの導入でペーパーレス化を図りたい企業や、タブレットを通じたリアルタイムの情報共有をおこないたい企業は、ぜひ導入を検討してみましょう。

【厳選】おすすめ施工管理アプリ14製品を比較表でまとめてチェック!

施工管理アプリ各サービスの機能・料金を一覧表形式でまとめて比較。社内提案でそのまま使えるエクセル資料を無料でプレゼントします。工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など様々なシーンで導入される施工管理アプリを比較検討する際にお役立てください。

まとめ

まとめ

今回は、タブレット対応している設備点検システムのおすすめや、タブレットを活用するメリットについて紹介しました。

設備点検にタブレットを活用することで、書類による点検作業を無くしてペーパーレス化でき、点検効率が上がります。

またリアルタイムで情報を共有できるため、トラブル時の迅速な対応や経験の浅い作業員を見守ることにもつながります。

システム導入によるDX化で業務の効率を上げれば、さらに生産性を高められて、事業の成長に向けて注力できるでしょう。

▼ おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
kanna
KANNA
初期費用・月額0円で基本機能の利用が可能。有料カスタマイズあり。Appstoreレビュー評価☆4.4(2024年5月時点)
現場ポケット
最大2ヶ月無料で全機能トライアルOK。契約更新率95.68%、現場への浸透◎
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
▼おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
KANNA
初期費用・月額0円から利用可。Appstoreレビュー評価☆4.5
Photoruction
建築、土木現場特化の施工管理アプリ。10万社以上の導入実績
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次