店舗管理システム【15選】おすすめ製品機能・料金比較

店舗管理システムとはそもそもどんなシステム?

店舗管理システムを導入することで何が変わるの?

日々、店舗を経営していくなかで「店舗管理システム」がどんなものかわからない方もいるのではないでしょうか。

本記事では、店舗管理システムのおすすめ15選をまとめ、それぞれの機能や料金を比較してまとめています。

受発注管理や売上管理・在庫管理ができるものなど、さまざま紹介しているため、自社店舗に活かせるシステムが見つかるでしょう。

店舗管理するうえでの効率的な運営・管理をするために、ぜひ参考にしましょう。

施工管理アプリ選びでお悩みの担当者へ

工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など、
人気ツール14製品の機能・価格をまとめた比較表エクセル資料を無料プレゼント!

目次

店舗管理システムとは

店舗管理システムとは?

店舗管理システムとは、ご自身が展開する店舗を効果的に運営し、経営の効率を上げるためのツールです。

「在庫数」や「1ヵ月の売上データ」など記録したものを連動させて管理することで、消費者のニーズやモノの動きが把握できます。

主な機能として、在庫管理・売上分析・従業員スケジュールなど、さまざまな業務を一元管理することで効率化できるのが特徴です。

店舗管理システムの種類によって、売上・受発注・複数の店舗などを管理できます。

いずれも経営の煩雑なタスクを軽減し、店舗運営の大きなサポート・経営状態の見える化につながるツールです。

店舗のさらなる成長に向けた一歩を踏み出すきっかけとして、ぜひ活用してみてください。

店舗管理システムを導入するメリット

店舗管理システムを導入するメリット

店舗管理システムを導入することによるメリットは、以下の3つです。

  • 効率的な業務運営につながる
  • 正確なデータ管理ができる
  • 経費の最適化ができる

それぞれ飲食店を例に解説しているので、ぜひ参考にしましょう。

効率的な業務運営につながる

店舗管理システムの導入により、店舗の運営に必要な情報を一元化できます。

例えば、飲食店では在庫管理が容易になり、必要な材料の的確な調達が可能です。

無駄な在庫の蓄積や、品切れによる売上損失を軽減します。

売上と在庫を連動することで、客観的に人気商品を把握することができ、メニューの見直し・顧客のニーズの把握にもつながるでしょう。

正確なデータ管理ができる

売上記録や顧客情報を自動的に収集・整理できるため、売上の傾向(時期や時間帯など)や顧客の好みを把握しやすくなります。

データをもとに、戦略的な経営判断につなげることで、季節に応じた新メニューの開発やマーケティング施策の最適化も可能です。

また大規模に展開している店舗で一括導入すれば、店舗ごとの売上状況をリアルタイムで把握もできます。

日々の売上目標を掲げている店舗であれば、都度状況がわかるため、一つのモチベーションにもなるでしょう。

経費の最適化ができる

店舗管理システムでは、勤怠管理もおこなえるため、時間帯や季節による忙しさに応じた人員配分にもつながります。

アルバイトの多い店舗で導入すれば、スタッフの飽和を防いで適切な人件費でお店の運営を回せます。

またデータをまとめて一元管理できるため、店長をはじめ、従業員が処理するデータ情報の負担を大きく減らせるでしょう。

システム導入で店舗管理を担えば、本部との意思疎通も楽になり、総じて労働コスト・経費の最適化につながります。

大きな店舗であればあるほど、削減コストは大きくなりやすいです。

広告宣伝に注力したり、古い店舗をリニューアルしたり、さらなる経営向上をサポートとするツールとなるでしょう。

店舗管理システムの選び方

店舗管理システムの選び方

店舗管理システムを選ぶときのポイントは以下の3つです。

  • 自社の業種に合うかどうか
  • サポート体制が充実しているか
  • 店舗管理で抱えている問題点を解決できるか

導入するうえではいずれも大切なポイントとなるため、ぜひ参考にしましょう。

自社の業種に合うかどうか

まず、自社の業種に合ったシステムを選ぶことが大切です。

例えば、飲食店なら、仕入れや在庫管理が充実しているシステムが適しています。

アパレル業であれば、売上日報やレシート履歴・SKU管理ができると店舗や本部との連携も取りやすいです。

さまざまな機能が備わっているシステムでも、肝心な機能がなかったり不要な機能が備わっていたりする場合もあります。

自社が展開するサービス・業種に合っているのかはしっかり確認しましょう。

サポート体制が充実しているか

選んだシステムに、十分なサポート体制が整っていることも大切です。

具体的には、トラブル時の対応や使い方に関する質問への迅速なレスポンスなどが挙げられます。

また導入前から導入後までのアフターフォローもあると安心です。

システムによっては、店舗ごとに合わせた機能のカスタマイズやシステム更新もおこなってくれます。

24時間のサポート体制を整えているサービスもあるため、どのくらいのサポートがあると安心して運用できるかも検討しましょう。

店舗管理で抱えている問題点を解決できるか

自社の抱える問題点を解決できるかも重要です。

企業や飲食店ごとに、店舗管理における課題・悩みは違います。

例えば、「アナログな在庫管理によるミスを防ぎたい」「各店舗の売上をリアルタイムで知りたい」「顧客ニーズを把握したい」などさまざまです。

また人手不足を抱えている場合、システム導入による効率化でうまく回せるかも検討する必要があります。

各店舗のスタッフに話を聞いて、現場の声を反映させると、必要な機能が見えてくるでしょう。

以上の3つが主な選び方ですが、他にも誰でも使いやすいシステムになっているかなど、導入のしやすさも一つの指標になります。

次章では、4つの店舗管理システムのタイプを紹介しているため、自社で話し合う場を設けて検討していきましょう。

店舗管理システム4つの製品タイプ

店舗管理システム4つの製品タイプ

店舗管理システムには、以下の4つの製品タイプに分類できます。

  • 売上管理システム
  • 受発注システム
  • 多店舗管理システム
  • 店舗情報管理システム

それぞれの製品タイプを把握して、自社に該当するのはどのタイプかを把握しましょう。

売上管理システム

売上管理システムは、売上データを効率的に収集・分析し、売上の傾向や顧客のニーズを把握するためのツールです。

小売店や飲食店など、日々の売上をリアルタイムで管理し、経営戦略に反映させたい企業向けになっています。

受発注システム

受発注システムは、在庫管理と発注業務を自動化するためのツールです。

仕入れ先との連携や最適な発注数量の算出をサポートします。

小売店をはじめ、正確な在庫管理とスムーズな発注を求める企業向けのシステムです。

多店舗管理システム

多店舗管理システムは、複数の店舗を一元管理するためのツールです。

店舗全体での在庫調整や売上データの統合など、複数の店舗を効率的に運営するための機能を提供しています。

飲食業界・アパレル業界をはじめとしたチェーン店やフランチャイズ展開する企業向けです。

店舗情報管理システム

店舗情報管理システムは、顧客の情報や予約管理・会計データなどの店舗に関わる情報を一元管理できるツールです。

システムによっては、Googleマップをはじめ、各種SNSで発信している情報を一括更新・編集できる機能も搭載しています。

美容サロンや予約専門の飲食店など、クライアント情報の効率的な管理が求められる企業向けです。

店舗管理システムおすすめ15製品の機能・料金比較

店舗管理システムのなかから、おすすめの15製品を先述した4つのタイプに分類して紹介していきます。

機能や料金も比較できるので、導入するうえでの参考にしましょう。

売上管理システム

店舗Linkle

店舗Linkle
引用元:店舗Linkle公式サイト
店舗Linkleのおすすめポイント
  • 店舗状況をリアルタイムで確認できる
  • シンプルで使いやすい画面設計
  • 売り場をデータベース化して改善できる
機能・できること業務連絡分析
売り場改善
ファイル管理
動画配信
全社連絡掲示板
料金初期費用:0円
月額費用 1店舗あたり3,000円
※基本パッケージとして+12,000円
運営会社北都システム株式会社
編集部コメント

店舗Linkleは、北都システム株式会社が提供している店舗をオンタイムで管理できるシステムです。

シンプルで誰でも使いやすい操作性になっており、店舗への一括指示や各店舗の売上把握もできます。

また売場管理を徹底しているため、本部の指示通りに配置ができているか、毎週の店舗からの報告を通じて把握が可能です。

他にも専用チャット内で店舗の情報を報告することで、他の店舗から「いいね」をもらえることもあり、店舗全体のモチベーションアップにつながる機能も備わっています。

各店舗の状況が不透明で、円滑な情報伝達ができていない企業は必見です。ぜひチェックしてみてください。

まかせてネットEX

まかせてネットEX
引用元:まかせてネットEX公式サイト
まかせてネットEXのおすすめポイント
  • 低価格で高性能なPOSシステムを導入できる
  • 直感的でわかりやすいインターフェース
  • 自社に応じてカスタマイズができる
機能・できることPOSレジ
オーダーエントリーシステム
予約管理
コスト・売上管理
データ分析
料金要問い合わせ
運営会社株式会社ジャストプランニング
編集部コメント

まかせてネットEXは、株式会社ジャストプランニングが提供している素早い経営判断をサポートする店舗管理システムです。

店舗の売上をはじめ、勤怠・仕入・発注管理をスピーディに分析し、分析帳票を作成して事業全体のデータを見える化します。

これまで700社10,000店舗以上への導入実績を誇り、積み重ねてきたノウハウをもとに最適な分析帳票を新規作成・カスタマイズしてくれるのも大きな特徴です。

また本部や店舗・エリアマネージャーなど、それぞれおこなう業務に応じて使用できる機能を切り分けられているため、不必要な機能にストレスを抱えることもありません。

24時間365日のサポート対応もあることから、万が一のトラブル時にも安心です。

気になった方は、ぜひ下記より資料請求してみましょう。

MAIDO SYSTEM

MAIDO SYSTEM
引用元:MAIDO SYSTEM公式サイト
MAIDO SYSTEMのおすすめポイント
  • 店舗機能からバックオフィス機能まで揃うオールインワン
  • 飲食店のDX化を大きく促進できる
  • 手続きが少なく最短5分で利用開始できる
機能・できること売上管理
勤怠管理
レシピ管理
損益管理
予約管理
料金初期費用:0円
月額費用:1店舗あたり1,980円~
※無料トライアルあり
※オプション機能の追加に応じて変動あり
運営会社まいどソリューションズ株式会社
編集部コメント

MAIDO SYSTEMは、まいどソリューションズ株式会社が提供している飲食店向けの売上管理システムです。

売上管理をはじめ、勤怠管理からレシピの原価管理まで、飲食店向けにあらゆる「あったらいいな」を詰め込んでいます。

日々の人件費や原価率・1日の利益をリアルタイムで確認できるため、かかるコストの集計を自動化し、バックオフィスの業務を削減できます。

初期費用0円で月額費用も低コストなので、「店舗管理を楽にしたい」「人員を最低限にして運営したい」という企業におすすめです。

最大2ヵ月間、無料で利用できるため、気になる方はぜひチェックしてみましょう。

【厳選】おすすめ施工管理アプリ14製品を比較表でまとめてチェック!

施工管理アプリ各サービスの機能・料金を一覧表形式でまとめて比較。社内提案でそのまま使えるエクセル資料を無料でプレゼントします。工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など様々なシーンで導入される施工管理アプリを比較検討する際にお役立てください。

受発注システム

TEMPOSTAR

TEMPOSTAR
引用元:TEMPOSTAR公式サイト
TEMPOSTARのおすすめポイント
  • 自社の要望に応じたカスタマイズができる
  • 安定した運用ができるようなトータルサポートが充実
  • 商品画像、情報を一括で反映できる
機能・できること受注の自動仕分け
在庫管理
商品情報登録
予約反映機能
帳票出力
料金初期費用:0円
月額費用:10,000円~
※お申し込み月は無料
運営会社SAVAWAY株式会社
編集部コメント

TEMPOSTARは、SAVAWAY株式会社が提供しているネットショップに特化した一元管理の受発注システムです。

複数のECサイトや自社ネットショップと連携し、受発注管理をはじめ在庫管理・商品登録などを管理できます。

また楽天やAmazonをはじめ、多くのECモールに対応しており、各サイトの商品情報・画像は一度の編集で一括登録や更新ができるのも特徴です。

タイムリーに反映されるだけでなく、指定日時で更新できる予約更新機能もあります。

他にも複数の拠点や倉庫があっても、同一商品の在庫数を管理できる機能があるため、適切な配送処理をおこなえます。

複数のECサイトを運営している企業は、ぜひ資料をダウンロードしてみてください。

マルチプラットフォームシステム

マルチプラットフォームシステムのおすすめポイント
  • マルチデバイスで管理ができる
  • リモート業務やペーパーレス化につながる
  • 受注から発注業務まで一元管理できる
機能・できること商品トラッキング
受注管理
出荷報告
請求書作成
棚卸
料金要問い合わせ
運営会社オザックス株式会社
編集部コメント

マルチプラットフォームシステムは、オザックス株式会社が提供している購買業務を一元管理できる受発注システムです。

スマホやタブレット・パソコンなどマルチで利用できるため、自分の使いやすいデバイスで操作ができます。

発注機能では、複数の仕入先に対して一度に発注できることに加え、任意の締め日時や納品日の指定も可能です。

また店舗にある商品の在庫数や廃棄数を入力しておけば、棚卸帳票も簡単に出力できます。

他にも、あらかじめ商品の最低在庫数を登録しておくことで、在庫が下回ると自動で発注する機能も搭載しています。

興味を持った方は、ぜひチェックしてみましょう。

ネクストエンジン

ネクストエンジン
引用元:ネクストエンジン公式サイト
ネクストエンジンのおすすめポイント
  • 登録後、2ヵ月間無料で利用できる
  • 導入後のアフターフォローが手厚い
  • 毎月の人件費の確認が容易になる
機能・できること受注管理 在庫管理 POS連携 発注・仕入 商品登録
料金初期費用:0円
月額費用:3,000円~
※受注件数によって料金の変動あり
運営会社NE株式会社
編集部コメント

ネクストエンジンは、NE株式会社が提供している複数のネットショップ・EC運営を一元管理できるシステムです。

EC運営をしている専門家が開発しており、「この機能があればいいな」を叶えるシステム設計・機能を搭載しています。

楽天やAmazonなど名だたるECサイトと連携することもでき、受発注はもちろん、CSVデータによる情報のインポートも可能です。

また入金管理や在庫管理にも対応しているため、ネットショップを運営する店舗・企業におすすめといえます。

受発注から出荷・在庫管理まで一貫した業務を効率化したい企業は、ぜひ30日間の無料体験から始めてみましょう。

楽楽販売

楽楽販売
引用元:楽楽販売公式サイト
楽楽販売のおすすめポイント
  • 自社に応じて仕様をカスタマイズできる
  • ルーチンワークを自動化できる
  • マウス操作だけで簡単にシステム構築できる
機能・できること見積管理
受発注管理
見積・請求管理
顧客管理
プロジェクト管理
料金初期費用:150,000円
月額費用:60,000円~
運営会社株式会社ラクス
編集部コメント

楽楽販売は、株式会社ラクスが提供しているクラウド型の販売管理システムです。

受発注管理をはじめ、請求・見積・顧客管理など幅広く対応できる機能を搭載しています。

またオフィスや外出先問わず、どこでもシステムを利用できるため、リモートワークできるのもポイントです。

他にも、ボタン一つでExcel帳票やPDFファイルを作れるので、転記作業やファイル変換の手間も省けます。

ヒューマンエラーを防ぎ、確実な業務を効率的におこないたい企業は、ぜひ無料トライアルから試してみましょう。

多店舗管理システム

Shopらん

Shopらん
引用元:Shopらん公式サイト
Shopらんのおすすめポイント
  • 本部と店舗の連携がしっかり図れる
  • 最新の業務マニュアルを作成できる
  • 店舗の様子をリアルタイムに把握できる
機能・できることお知らせ
ToDo更新
シフト調整
回答・アンケート
定期報告
料金要問い合わせ
運営会社株式会社ドリーム・アーツ
編集部コメント

Shopらんは、株式会社ドリーム・アーツが提供している多店舗管理システムです。

アパレル・飲食店・スーパーなどのさまざまな業種・規模の店舗管理ができ、本部と各店舗を密につなげることで、企業全体の方針に沿った経営・営業ができます。

また日々のやることリストが自動的に作れたり、Shopらん内の作業メモ機能を使うことで引継の業務を楽にしたり、店舗側の負担を減らせるのもポイントです。

他にも、導入前後のサポート体制も充実していて、導入をスムーズに進めるためのセミナーや個別相談・マニュアル動画も提供しています。

チェーンストア業界において、No.1を誇るシステムに興味を持った方は、ぜひ資料をダウンロードしてみましょう。

StoreFIND

StoreFIND
引用元:StoreFIND公式サイト
StoreFINDのおすすめポイント
  • 情報共有が楽になり、指示がしやすい
  • 本部と店舗のコミュニケーションが図りやすい
  • 画像の収集やアンケートの実施数など集計ができる
機能・できることToDoリスト
進捗管理
アンケート
定期報告
チャット
料金要問い合わせ
運営会社ネットパイロティング株式会社
編集部コメント

StoreFINDは、ネットパイロティング株式会社が提供している店舗同士のつながりを強化できる店舗管理システムです。

店舗へのあらゆる指示や連絡業務をスムーズにする「ふせん」機能がポイントです。

指示書に対してふせんを付けることで、いつ・誰が・何をすべきかを明確にでき、本部と店舗での状況把握が簡単になります。

また各店舗の商品在庫や希望商品の数量などを集計する機能もあるため、店舗での作業時間を大幅に減らせます。

StoreFINDを導入することで、より働きやすい店舗環境を作ることにもつながるでしょう。

無料トライアルもあるので、興味を持たれた企業は下記リンクよりチェックしてみましょう。

STORE PAD

STORE PAD
引用元:STORE PAD公式サイト
STORE PADのおすすめポイント
  • 連携媒体の情報を一括で更新できる
  • 返信用テンプレートを使った対応ができる
  • LINEと連携して情報を自動配信できる
機能・できること口コミ管理
MEO対策
投稿企画のサポート
予約管理
データ分析
料金初期費用:210,000円~
月額費用:10,000円~
運営会社イクシアス株式会社
編集部コメント

STORE PADは、イクシアス株式会社が提供している店舗管理の業務を効率化できるツールです。

Googleや各SNSなど、さまざまなサービスにおける情報発信や口コミの更新を一元管理します。

日々の最新情報・キャンペーンを更新することで、各店舗の大きな集客につながりやすいです。

マップにおける表示順位(MEO)や、ユーザーからの検索数・口コミなどのデータ分析もできるため、自社の改善点を見つけられます。

店舗情報の発信を手間をなくしたい企業は、ぜひ以下のリンクからお問い合わせしてみましょう。

はたluck

はたluck
引用元:はたluck公式サイト
はたluckのおすすめポイント
  • 連絡ノートで業務に関わる内容を手軽に共有できる
  • 各店舗の売上をリアルタイムで確認できる
  • サポート体制が充実している
機能・できることシフト管理
チャット
カスタマーサポート
連絡ノート
データマネジメント
料金●オンラインプラン
初期費用:50,000円
月額費用:20,000円
●ベーシックプラン
初期費用:150,000円
月額費用:20,000円
●オールインワンプラン
初期費用:300,000円
月額費用:20,000円
運営会社株式会社HataLuck and Person
編集部コメント

はたluckは、株式会社HataLuck and Personが提供している店舗の生産性を向上させるマネジメントアプリです。

各店舗・本部とのチャット機能があるため、周知すべき重要なお知らせを見逃すことなどを減らせます。

また店舗で働くスタッフも閲覧できるので、アルバイトを含む全員が同じ意識で働くことにもつながります。

他にも、店舗の稼働状況によって必要人員を設定できるシフト作成機能もあり、シフト管理に悩んでいる店長をサポートしてくれるのもおすすめポイントです。

本格的な導入をする前にテスト導入もできるため、興味のある方はぜひチェックしてみてください。

店舗情報管理システム

KANNA

KANNA
引用元:KANNA公式より
KANNAのおすすめポイント
  • 報告書を1分で作成できる
  • 自社の業務に合わせたカスタマイズができる
  • 2段階認証をはじめとした強固なセキュリティ
機能・できることリアルタイム共有
写真管理
カレンダーとの連携
チャット
物件管理
料金初期費用:0円〜
月額:0円〜
※案件数・保存可能容量に応じてオプションプランあり
運営会社株式会社アルダグラム
編集部コメント

KANNAは、株式会社アルダグラムが提供しているプロジェクト管理アプリです。

アプリ評価No.1を獲得しており、20,000社以上の企業で導入されています。

各店舗のタスクをリスト形式で表示したり、カレンダー形式でスケジュールを見える化できたりします。

またセキュリティも万全で、2段階認証をはじめ、監査ログなどの導入によって安心した運用ができるのも特徴です。

チャット機能を使ったコミュニケーションを図れるため、店舗のトラブル時の素早い対応にもつながります。

初期費用・月額費用ともに無料なので、まずはKANNAで手軽に店舗管理してみたい・予算をあまりかけたくないという企業におすすめです。

アズビルBOSS-24

引用元:アズビル公式
アズビルBOSS-24のおすすめポイント
  • 24時間365日の遠隔監視
  • 各施設の定期定期な巡回点検を実施
  • 低コストで施設管理ができる
機能・できること設備管理
防犯・防災管理
経営サポート
データ管理
在庫管理
料金要問い合わせ
運営会社アズビル株式会社
編集部コメント

アズビルBOSS-24は、アズビル株式会社が提供しているあらゆる建物の設備保守を考えた店舗管理システムです。

店舗設備の保守や防犯・防災管理・データ分析など多くのサポートに加え、消防署や警備業者との連携もしています。

また24時間365日の遠隔監視による強力なサポート体制が整備されており、建物のトラブル時にも迅速な対応が可能です。

深夜営業をしている店舗だと人が手薄になるため、システム監視があることで安心して働ける環境も作れます。

「店舗・設備管理を強化したい方」「つねに店舗の保守運用をサポートしてほしい」企業は、以下のリンクから詳細をご確認ください。

Canly

Canly
引用元:Canly公式サイト
Canlyのおすすめポイント
  • 店舗情報を一括更新できる
  • ユーザーごとにアカウント権限を設定できる
  • 各店舗のデータ分析を簡単にできる
機能・できること口コミ管理
予約投稿
データ分析
データのCSV出力
ランキング表示
料金要問い合わせ
運営会社株式会社カンリー
編集部コメント

Canlyは、株式会社カンリーが提供している大手チェーンストアでも多く利用される店舗管理システムです。

各店舗情報の口コミを一括管理・分析することで、集客アップを目指せます。

Googleマップをはじめ、各種SNS・ホームページの情報を楽に更新できるのが特徴です。

24時間つねにシステム監視されるため、口コミや店舗情報の改ざんを防ぎ、安心したサービス運用・顧客からの信頼向上を図れます。

システムの導入サポートも充実しており、専門スタッフによる運用状況の定例会があるなど手厚いサービスが揃っています。

運用工数を減らしてさらなる集客アップにつなげたい企業は、ぜひ資料をダウンロードしてみましょう。

検索ドーンGYAX

検索ドーンGYAX
引用元:検索ドーンGYAX公式サイト
検索ドーンGYAXのおすすめポイント
  • 予約業務を自動化できる
  • Google検索に強いページを構築できる
  • 顧客に直接メッセージを送れる
機能・できることデータ比較・分析
音声検索
情報の一括配信
口コミ対策
検索最適化(MEO)
料金初期費用:100,000円
月額費用 ベーシック:12,800円
プロフェッショナル:19,800円
コンサルティング:39,800円
運営会社ケイビーカンパニー株式会社
編集部コメント

検索ドーンGYAXは、ケイビーカンパニー株式会社が提供している店舗情報を管理できるシステムです。

Google検索やマップ・SNSからの集客を増やせるツールになっており、さまざまなプラットフォームに適した情報発信ができます。

また連携されているサイトからの口コミを集めてフィルタリングすることで、自社に対する評価を把握し、問題点の洗い出しやさらなるサービスの拡大にもつなげられます。

他にもSNS上でキャンペーンを実施したり、ネット予約を自動化できたりするツールも組み合わせられるのもおすすめポイントです。

集客するための企画に悩んでいる・競合に顧客が引っ張られているという企業は、ぜひ検索ドーンGYAXを利用して、集客の回復・予約アップを目指しましょう。

まとめ

まとめ

今回は、店舗管理システムのおすすめ15選について、機能や料金・選び方のポイントなど幅広く紹介しました。

店舗管理システムを導入することで、売上・在庫・仕入れ管理などを一元管理できるため、店舗の業務効率化に大きく貢献します。

正確なデータ管理により、経費の見える化・削減にもつながって店舗の連携や経営力も向上していきます。

自社の業種に合うか・サポートが充実しているかなど、店舗管理システムの選定ポイントを抑えて選びましょう。

▼ おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
kanna
KANNA
               
初期費用・月額0円で基本機能の利用が可能。有料カスタマイズあり。Appstoreレビュー評価☆4.5(2023年3月時点)
Photoruction
建築、土木現場特化の施工管理アプリ。10万社以上の導入実績
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
▼おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
KANNA
初期費用・月額0円から利用可。Appstoreレビュー評価☆4.5
Photoruction
建築、土木現場特化の施工管理アプリ。10万社以上の導入実績
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次