請求書管理Bill One(ビルワン)の口コミ評判は?機能・料金・導入事例まとめ

引用元:billone公式サイト
  • 「Bill Oneは使いやすい?」
  • 「Bill Oneの口コミ・評判を知りたい..」

以上の疑問やお悩みを解決するべく、請求書管理Bill Oneについて、口コミや評判・導入事例を交えて紹介しています。

またBill Oneの機能や料金・企業での導入事例にも解説しているため、請求書管理の業務を効率化したい方は必見です。

本記事を読めば、Bill Oneを利用するメリット・デメリット・導入までの流れも把握できます。

ぜひ参考にしてみてください。

施工管理アプリ選びでお悩みの担当者へ

工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など、
人気ツール14製品の機能・価格をまとめた比較表エクセル資料を無料プレゼント!

目次

Bill Oneとは

Bill Oneとは、Sansan株式会社が提供しているさまざまな形式の請求書管理ができるシステムです。

2023年10月より開始するインボイス制度における適格請求書の発行・受領にも対応しています。

あらゆる請求書をオンラインで受け取り、紙の請求書はスキャンして正確なデータ化を実現できます。

AIやOCR・入力オペレータを搭載していることで、99.9%のデータ変換精度を誇り、人員不足を補えるのも特徴です。

請求書の受け取りから申請・承認・保管が可能で、経理部門の効率性を上げ、月次決算も迅速化します。

クラウド上で完結できるため、経理業務のペーパーレス化やテレワークを支援し、請求書のスムーズな管理につながるでしょう。

運営元『Sansan株式会社』について

請求書管理システム「Bill One」を提供しているSansan株式会社の詳細は以下のとおりです。

運営会社Sansan株式会社
本社所在地東京都渋谷区神宮前5-52-2 青山オーバルビル 13F
資本金65億82百万円
電話番号03-6758-0033
事業内容DXサービスの企画や開発、販売など
設立日2007年6月11日
公式サイトhttps://jp.corp-sansan.com/

Bill Oneの機能・できること

引用元:billone公式サイト

Bill Oneが提供している機能・できることは、主に以下の3つです。

  • 請求書の受け取り
  • 請求書の申請・承認
  • 請求書の管理・経理対応

それぞれ解説しているので、Bill Oneの特徴を知りたい方はぜひ参考にしてください。

請求書の受け取り

Bill Oneは、請求書の受け取りプロセスを効率的にサポートします。

受け取った請求書をスキャンし、正確にデータ化してくれるところが大きな魅力です。

紙の請求書の手作業処理を削減できるだけでなく、わかりやすいURLや番号を付与したり、受領通知を送ってくれたりもします。

請求書のデータ化の完了・受領に関する内容が担当者に通知されるため、的確なアーカイブができるでしょう。

請求書の申請・承認

Bill Oneは請求書の申請と承認プロセスを簡素化します。

申請や承認をするとき、支払い時に必要な請求書以外のファイルを添付したり、コメントやメモを付けたりもできます。

請求書データ以外も添付することで、請求情報を正しく共有でき、社内全体での認識の違いも防げるでしょう。

またデジタルハンコで捺印が可能になるため、ハンコレスによる業務の効率化にもつながります。

請求書の承認時には社内へのアナウンスができ、対応した請求書に対して履歴として保存もされます。

変更・対応履歴を反映した自社オリジナルのマニュアルを作れば、さらにスムーズな処理もできるでしょう。

請求書の管理・経理対応

Bill Oneは、請求書の全体管理によって経理対応を大きくサポートします。

請求書の記録を簡単に検索し、経理作業に必要な情報も探せます。

また他部門の請求書の対応状況を確認できるなど、今後の支払いスケジュールの追跡や、支払い状況のモニタリングが可能です。

CSV・PDFでのダウンロードができる他、電子帳簿保存法にも対応しています。

Bill Oneを導入することで、経理部門は正確な帳簿を維持し、ビジネス全体の財務状況の見直しにも貢献するでしょう。

Bill Oneの費用・料金

Bill Oneの費用・料金

Bill Oneを利用するうえで、初期費用・月額費用が気になる方は多いのではないでしょうか。

従業員数によっては、無料で利用できるお得なプランもあるため、参考にしましょう。

プランスモールビジネスプラン(100名以下)101名以上~プラン
初期費用無料要問い合わせ
月額費用無料100,000円~
その他条件など閲覧できる請求書:無制限
受け取れる請求書:月100件まで無料
データ化料金なども要問い合わせ

以上のように、小規模な会社であれば無料で始められるのは大きなポイントです。

気になった方は、公式サイトから確認してみましょう。

Bill Oneのメリット・デメリット

Bill Oneのメリット・デメリット

本章では、Bill Oneのメリットとデメリットをそれぞれ3つずつ紹介しています。

どの請求書処理システムを使えばいいのか悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみましょう。

Bill Oneのメリット

Bill Oneを利用するメリットは、以下の3つです。

  • ワンストップで請求書管理できる
  • クラウド管理によるペーパーレス化の実現
  • 99.9%の高精度で請求書をデータ化できる

Bill Oneは、企業内の請求書管理において大きなメリットを提供します。

ワンストップで請求書を管理できるため、従来の請求書処理プロセスを無くして請求書の受け取り・承認などが簡単におこなえます。

またクラウドベースの管理により、紙の請求書の保管や検索の手間がなくなり、オフィススペースの節約も可能です。

99.9%の高精度で請求書をデータ化できることから、ヒューマンエラーを最小限に抑え、正確な経理作業につながります。

他にも、クラウドによる管理ができるため、テレワークの推進にもなります。

Bill Oneの導入により、請求の管理全体が効率化され、経理部門の負担が軽減できるでしょう。

Bill Oneのデメリット

口コミや評判をもとにしたうえで、Bill Oneの導入において考えられるデメリットは、以下のとおりです。

  • 慣れるまでトレーニングが必要
  • データ化に時間がかかる場合がある
  • 登録する項目が多い

まずシステムに慣れるまでトレーニングが必要となり、使いこなすための時間と労力はかかるでしょう。

また請求書データのアップロードに数時間以上かかるケースがあり、業務に遅延が生じる可能性もあります。

他にも、取引先を登録するときの必須項目が多いため、データ入力の部分で手間を感じるかもしれません。

納期や業務に余裕を持って作業をおこなうことで、いずれの問題も解決できるでしょう。

ただし、Bill Oneでは仕訳をできないことには注意しておきましょう。

Bill Oneの評判・導入事例

Bill Oneの評判・導入事例

実際にBill Oneを利用している企業の導入事例を紹介しているので、参考にしてみましょう。

株式会社明治

部署ごとに異なる請求書受領のフローに対応しながら、紙の請求書のスキャン工数を削減。

会社全体の生産性が向上しました。

引用元:公式サイトより

株式会社アサヒファシリティズ

東京8拠点から送られてくる請求書を待つ時間がなくなり、 すぐに請求書の処理を始められるようになりました。

引用元:公式サイトより

株式会社ユニオン

電帳法の改正を見据えて進めた、請求書のオンライン受領。

請求書を処理するために出社する必要がなくなりました。

引用元:公式サイトより

Bill One導入の流れ

Bill One導入の流れ

実際にBill Oneを導入する流れについて、以下で紹介していきます。

「導入するまでの流れを知りたい」という方は、ぜひ参考にしましょう。

  1. 経理業務の現状について、社内全体で議論して問題を洗い出す
  2. お問い合わせをして、サービスに対する不明点や要望を伝える
  3. 担当者から見積をもらう
  4. 契約して導入する ※契約後、最短で1営業日後から利用可能

導入したあとは、システムの操作性や搭載されている機能を試してみましょう。

専門のスタッフもいるため、使い方のわからない機能やトラブル時にもスムーズな対応をしてくれます。

社内全体で評価・共有して、経理業務・決算処理の効率化を図りましょう。

【厳選】おすすめ施工管理アプリ14製品を比較表でまとめてチェック!

施工管理アプリ各サービスの機能・料金を一覧表形式でまとめて比較。社内提案でそのまま使えるエクセル資料を無料でプレゼントします。工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など様々なシーンで導入される施工管理アプリを比較検討する際にお役立てください。

Bill Oneの総合評価

Bill Oneの総合評価

Bill Oneは、口コミ評判・導入事例も含めて総評すると、企業の請求書管理を大幅に効率化するツールといえます。

Bill Oneを請求書管理システムとして利用するメリット・デメリットについて、改めて下記に示しているのでぜひ参考にしましょう。

Bill Oneを導入するメリット

Bill Oneを活用するメリットは以下のとおりです。

  • ワンストップの請求書管理
  • クラウド化によるペーパーレス化
  • 高精度な請求書データ化を実現できる

ワンストップで請求書管理が可能で、請求書の受け取りから承認・管理までを一つのプラットフォームでおこなえます。

さらにクラウド管理によるペーパーレス化でオフィススペースを節約し、高精度のデータ化により、正確な経理作業につながります。

Bill Oneを導入するうえでのデメリット

Bill Oneを導入することで考えられるデメリットは以下の3つです。

  • 操作に慣れるまでトレーニングが必要
  • データ化するまでの時間が長い可能性
  • 取引先などの登録時の入力項目が多い

まずシステムになれるためのトレーニング期間が必要です。

また大量のデータをデジタル化するときに時間がかかる場合もあるので、支払い処理に遅延が生じる可能性もあるでしょう。

他にも、取引先の登録時などは必須の登録項目が多く、請求書の入力に手間と時間がかかる場合がある点には注意しましょう。

まとめ

まとめ

今回は、請求書管理Bill One(ビルワン)の口コミ・評判や機能・料金・導入事例など幅広く紹介しました。

Bill Oneは、クラウド管理によるワンストップの請求書管理ができるシステムで、事務処理のペーパーレス化を実現します。

また99.9%という高精度なデータ化をできるため、入力ミスを極力減らした効率的な事務作業につながるでしょう。

「紙の請求書管理をしている」「法改正にも対応していきたい」という企業におすすめのシステムとなっています。

あわせて読みたい
店舗管理システム【15選】おすすめ製品機能・料金比較 店舗管理システムとはそもそもどんなシステム? 店舗管理システムを導入することで何が変わるの? 日々、店舗を経営していくなかで「店舗管理システム」がどんなものか...
▼ おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
kanna
KANNA
初期費用・月額0円で基本機能の利用が可能。有料カスタマイズあり。Appstoreレビュー評価☆4.4(2024年1月時点)
現場ポケット
最大2ヶ月無料で全機能トライアルOK。契約更新率95.68%、現場への浸透◎
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
▼おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
KANNA
初期費用・月額0円から利用可。Appstoreレビュー評価☆4.5
Photoruction
建築、土木現場特化の施工管理アプリ。10万社以上の導入実績
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次