【無料あり】生産管理システムおすすめ16選!機能・料金・使いやすさで徹底比較ランキング

製造業の業務効率化を図るために、生産管理システムを導入しようと悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

この記事では、下記の内容を詳しく解説しています。

  • 生産管理システムの概要・機能
  • 生産管理システムのメリット
  • 導入する際の選び方のコツ
  • おすすめの生産管理システム15選

生産管理システムは、さまざまな種類があるので企業に最適なツールを選択し、業務効率をあげるキッカケにしてください。

施工管理アプリ選びでお悩みの担当者へ

工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など、
人気ツール14製品の機能・価格をまとめた比較表エクセル資料を無料プレゼント!

目次

生産管理システムとは?

生産管理システムとは?

生産管理システムとは、製造現場の販売・工程・予算・在庫といった、生産情報を管理するためのシステムです。

工程の一部の内容をExcelなどでも管理できますが、効率的に業務を進めるなら生産管理システムの導入がおすすめです。

下記では、生産管理システムの機能について詳しく解説します。

生産管理システムの主な機能

生産管理システムは、生産工程に必要なシステムが合体したツールです。

機能すべてを把握するのは難しいため、下記で紹介する主な7つの機能について紹介します。

  • 生産管理
  • 販売管理
  • 購買管理
  • 工程管理
  • 原価管理
  • 品質管理
  • 予算管理

生産管理

生産管理機能は、生産管理システムの中心となる機能です。

製品を「いつまでにどれだけ生産するのか」、「発生するコストはどの程度なのか」などの計画を立てる機能です。

生産管理を計画することで、過剰生産や製品不足の防止にもつながります。

また、自社の購買データから販売データを用いて利益の最大化ができるため、実現できる範囲の生産計画であることも条件となるでしょう。

販売管理

販売管理で行える機能は、次の通りです。

  • 商品見積
  • 受注
  • 出荷
  • 売上

上記を見たらイメージがつくように、販売に関わる業務全般を管理する機能です。

従来の紙媒体で管理していた場合、受注と在庫確認の際にタイムラグが発生し、在庫不足になる可能性がありました。

販売管理機能を利用するとリアルタイムでの確認ができるため、製品の過不足を未然に防ぐことにつながります。

購買管理

購買管理は、原材料・商品の仕入れなどを管理する機能です。

購買管理機能では、原材料・商品の購入にかかる費用の計算をシステム上でできるため、業務効率アップに貢献します。

また、生産管理システムによっては、仕入れ先などの選定機能があり自社に適した仕入れができます。

工程管理

工程管理は、生産管理で計画した通りの生産が実施できているかを管理する機能です。

自社で商品を販売する場合、さまざまな工程を経て商品が完成します。

各工程通りに進行しているか、遅れはないかなどを確認すると生産ラインの課題を明確にできるでしょう。

生産ラインの見直しを繰り返すことで、生産性の向上にも役立ちます。

原価管理

原価管理は、製造工程においてどれくらい原価がかかったのかを管理する機能です。

売上と原価の差が少ないと企業にとっての利益は減ります。

利益を最大化するためには、適切な原価管理が重要です。

原価管理機能を利用すると原価管理が簡単にでき、さらには利益をだすことにもつながるでしょう。

品質管理

品質管理は、製造した商品が出荷基準を満たしているかを確認する機能です。

製造業では、自社で製造した商品に不具合が生じることもあります。

不具合がでた商品をそのまま顧客に納品すると、自社の信頼を失ってしまいます。

品質管理機能を活用することで、出荷基準を満たしていない商品の出荷が防げるため、自社の信頼向上にも貢献するでしょう。

予算管理

予算管理は、組織全体や工場ごとの予算を管理するための機能です。

自社で計画したコストと期末のコストを比較し改善策を提案することで、高度な予算管理が実現します。

生産管理システムを導入するメリット

生産管理システムを導入するメリット

生産管理システムを導入するメリットは、次の3つです。

  • 余剰在庫・コスト削減
  • 一元管理で情報が把握できる
  • リードタイムの短縮が可能

それでは、ひとつずつ詳しく解説します。

余剰在庫・コスト削減

生産管理システムを導入すると需要と供給のバランスが可視化できるため、余剰在庫を防ぐことができ、コスト削減につながります。

また、余剰在庫だけでなく、在庫不足の未然防止に役立てることも可能です。

需要がある製品を提供できなければ、売上を伸ばすのは難しいでしょう。

生産管理システムにより、必要数の在庫を確保しながら余剰在庫を防ぎ、管理にかかるコスト削減が期待できます。

一元管理で情報が把握できる

生産管理システムは、生産に関わる業務を一元管理しています。

例えば、業務ごとに別のシステムを導入している場合、連携が取れず各業務の情報把握が困難です。

製造に関わるすべての情報を把握できることで、組織の土台強化にも期待できます。

また、情報を一元管理すると過去の実績データを参照できるので、品質の安定化にも貢献します。

リードタイムの短縮が可能

リードタイムとは、発注から納品までの期間のことです。

生産管理システムの導入により、リードタイムの短縮につながり、納品までの時間が短くなるでしょう。

発注から納品のスピードが早くなることで生産性の向上や顧客満足度の向上にもつながります。

また、生産管理システムを導入することで情報の一元管理ができ、業務調査も簡単に行えます。

どの工程に無駄が生じているかを分析し、PDCAを回し業務効率アップにも役立つこともメリットと言えるでしょう。

生産管理システムを選ぶ時の比較ポイント

生産管理システムを選ぶ時の比較ポイント

生産管理システムは多数ありますが、どのシステムを導入すればいいか迷う方に向けて、比較するポイントを紹介します。

比較するポイントは、次の4つです。

  • 対応業務の範囲
  • 生産方式への対応
  • 業界・業種への対応
  • ERP対応の必要性

対応業務の範囲

生産管理システムを選ぶ上で、対応可能な業務範囲を確認しましょう。

生産管理システムを提供している企業により、生産計画のみのケースや工程管理を行わないケースなど、対応できる範囲が異なります。

導入したい生産管理システムは、何に強みをもっているのか、どのような管理に対応しているかの確認が重要です。

また、自社の業務を整理し、必要な機能が搭載されているかの確認も大切です。

生産方式への対応

製造業には、受注生産・個別生産・見込み生産など、さまざまな生産方式があります。

生産管理システムも生産方式により、得意不得意がわかれているので注意が必要です。

生産管理システムを導入する際は、自社の生産方式が利用できるかの確認が大切です。

生産方式が利用できなければ、コストだけがかかり導入するメリットが得られません。

自社に合った生産方式に対応している生産管理システムを選択することで、期待した効果が得られるでしょう。

業界・業種への対応

生産管理システムを導入する際は、業界・業種への対応もチェックしましょう。

生産管理システムによっては、業種に不必要な機能を取り除くことでコストを軽減したり、動作を軽くしたりしています。

特定業種向けの生産管理システムを利用すると、通常のシステムでは対応できない機能が搭載されているので、柔軟な対応ができるでしょう。

ERP対応の必要性

ERPとは、企業の基幹業務(企業のビジネスを遂行するために必要な主要業務)を統合的に管理するシステムのことです。

基幹業務と合わせてさまざまなシステムを一元管理したい場合は、ERP対応のシステムを選ぶことも有効です。

生産管理以外のシステムの導入により、業務効率アップにも貢献するでしょう。

ただし、他の業務システムとの統合を考えていない方は、生産管理に特化したシステムの導入がおすすめです。

【タイプ別に紹介】生産管理システムおすすめ16選

生産管理システムは、下記のようなタイプ別に分けることができます。

  • 中小企業+特定業種や生産方式に対応
  • 中堅企業以上+特定業種や生産方式に対応
  • 中堅企業以上+ERPに対応

それぞれのタイプ別に適した生産管理システムを紹介していきます。

おすすめ生産管理システム【中小企業+特定業種や生産方式に対応】

Prevision(プレピジョン)

Prevision
引用元:Prevision公式サイト
おすすめポイント・組立、加工業の両方に対応
・Excelのダイレクト取込
・3種類の工程管理スケジュールソフトの選択が可能
料金要問い合わせ
HPのリンクhttps://www.smart-go.net/prevision/

「Prevision」は、受注生産の組立業と部品加工業がひとつになった生産管理システムです。

そのため、カバーできる範囲が広いのが特徴的。

Excelとの親和性が高く、データをシームレスに取込できることもポイントの一つです。

組立・加工両方の形態に対応できる、生産管理システムとなっております。

注文分譲クラウドDX

注文分譲クラウドDX公式
引用元:注文分譲クラウドDX公式サイト
おすすめポイント・事務作業をクラウド上で一元化
・電子で受発注や承認作業が可能な為、ペーパーレス化が実現できる
・「アーキトレンドZERO」や「現場Plus」と連動が可能
料金要問い合わせ
公式HPhttps://www.kensetsu-cloud.jp/jutakudx/

続いて紹介する生産管理システムは、株式会社ダイテックが手掛ける「注文分譲クラウド
DX」です。

同社の施工管理アプリ「現場 Plus」及び、福井コンピュータアーキテクトの建築 CAD「ア
ーキトレンド ZERO」と連携することで、現場情報や積算データの連携が可能となります。

注文分譲クラウド DX はダイテックが自社で開発・運営しているため、ユーザーの意見を反
映しやすく、継続的なアップデートが実施されています。

尚ダイテックは、データセンターを日本国内に保有しており、長年運用してきた実績があり
ます。セキュリティ面においても安心して利用が可能です。

生産管理アプリを探しているあなたは是非、注文分譲クラウド DX の導入を検討してみて
はいかがでしょうか。

TECHS-B(テックス・ビーケー)

TECHS-BK
引用元:TECHS-BK公式サイト
おすすめポイント・多品種少量型の部品加工業に特化している
・受注から売上、在庫管理までをこなすオールインワンシステム
・生産管理パッケージ部門でNo.1を獲得
料金要問い合わせ
HPのリンクhttps://www.techs-s.com/product/techs-bk

「TECHS-BK」は、多品種少量型の部品加工業向けの生産管理システムです。

多品種少量型の複雑になるデータを一元管理できます。

2021年度「生産管理パッケージ部門」で出荷本数No.1を獲得した実績もあります。

TECHS-BKを導入することで、進捗状況の把握が容易になり、現場でモノを探す手間の削減に貢献します。

【厳選】おすすめ施工管理アプリ14製品を比較表でまとめてチェック!

施工管理アプリ各サービスの機能・料金を一覧表形式でまとめて比較。社内提案でそのまま使えるエクセル資料を無料でプレゼントします。工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など様々なシーンで導入される施工管理アプリを比較検討する際にお役立てください。

ADAP(エイダップ)

ADAP
引用元:ADAP公式サイト
おすすめポイント・見やすいデザイン
・既存システムとの連携機能
・4カ国語に対応(他の言語も追加できる)
料金要問い合わせ
HPのリンクhttps://solution.kke.co.jp/adap/

「ADAP」は、多品種・少量・短納期生産に最適な生産管理システムです。

ADAPの特徴は、ホワイトボードを見ているかのような見やすいデザインです。

Web上で在庫推移から各製造過程の負荷状況までサプライチェーンのあらゆるポイントを一覧表示し、ひと目で把握できるのがポイント。

ADAPでは、つながりの見える納期分析機能や既存システムの連携が取れることもメリットと言えるでしょう。

ものレボ

ものレボ
引用元:ものレボ公式サイト
おすすめポイント・製造業に特化している
・アフターサポートも充実
・直感的に利用できるデザイン
料金初期費用:0円
スタンダード:月額60,000円〜
※ユーザー数により料金は変動します
HPのリンクhttps://monorevo.jp/

「ものレボ」は、複雑な管理業務をスムーズにした、製造業に特化した生産管理システムです。

現場ファーストでデザインされているため、「どなたでも」、「どのような現場でも」フィットするように設計されています。

日々の実績をシンプル操作で入力できるため、現場の負担を最小限に留めます。

おすすめ生産管理システム【中堅企業以上+特定業種や生産方式に対応】

R-PiCS

R-PiCS
引用元:R-PiCS公式サイト
おすすめポイント・製造現場に必要な機能を網羅している
・時代ごとの需要に応えるパッケージ
・稼働後も安心のサポート体制
料金要問い合わせ
HPのリンクhttps://www.r-pics.com/

「R-PiCS」は1994年の発売以来、多くの中堅中小製造業に利用されながら、現場の声を取り入れてきた生産管理システムです。

時代のニーズに応えながら常にアップデートを繰り返しているため、常に最新のサービスを利用できます。

導入後のサポート体制は、対応のレスポンスが良いという評価を多く見られました。

製造現場に必要な機能を標準で全て網羅しているため、導入後すぐに利用できるのが特徴です。

FutureStage

FutureStage
引用:FutureStage公式サイト
おすすめポイント・4,000システム以上の導入実績有り
・日経コンピュータの2部門で第1位を獲得
・無料の個別相談会が受けられる
料金要問い合わせ
HPのリンクhttps://www.hitachi-systems.com/ind/fs/

「FutureStage」は、製造・流通業向けの生産管理システムです。

日経コンピュータの顧客満足度調査では、「ITコンサルティング/上流設計関連サービス(メーカー系)部門」「システム運用関連サービス(メーカー系)部門」で第1位を獲得しています。

販売から在庫管理までの流れを一元管理できることで、業務効率をアップし、収益性の向上に期待できます。

Cloud2Mfg

Cloud2Mfg
引用元:Cloud2Mfg公式サイト
おすすめポイント・サブスクリプション型で導入費用を大幅に抑制
・インターネットが接続できればどこでも利用可能
・多言語・多通貨に対応
料金要問い合わせ
HPのリンクhttps://cloud2mfg.com/jp/

「Cloud2Mfg」は、メーカーの基本活動である営業・生産・調達・在庫管理の領域を網羅的にカバーする生産管理システムです。

ノーコードとローコードを利用したカスタマイズが可能で、基幹システムを簡単に構築できます。

クラウド型のため、インターネットが接続できる場所であればどこでも利用できるのもポイント。

TPiCS

TPiCS
引用元:TPiCS公式サイト
おすすめポイント・多言語に対応
・多様な生産形態の混在管理が可能
・豊富なカスタマイズ性
料金要問い合わせ
HPのリンクhttps://www.tpics.co.jp/

「TPiCS」は、速く・安く、需要変動にレスポンスよくをコンセプトにした生産管理システムです。

2022年12月20日現在、導入企業数2,000社以上ありクライアント数が14,000台以上もあるシステムです。

TPiCSの製番管理システムなら、繰返生産・少量多品種・個別一品の受注生産が混在していても管理できます。

また、豊富なカスタマイズ性も特徴のひとつです。

おすすめ生産管理システム【中堅企業以上+ERPに対応】

NetSuite

NetSuite
引用元:NetSuite公式サイト
おすすめポイント・世界33,000社が利用しているシステム
・企業の成長と共にシステムの拡張が可能
・世界No,1のクラウドERPシステム
料金要問い合わせ
HPのリンクhttps://www.netsuite.co.jp/

「NetSuite」は、ERP/財務会計および顧客管理(CRM)、Eコマースなどを含む主要な業務アプリケーション機能を、単一のシステムで提供するビジネス管理ソフトウェアで、世界中の33,000社を超える顧客で利用されています。

世界No,1のクラウドERPシステムとも言われています。

スタートアップ企業から大企業まで利用できることがNetSuiteのポイントです。

Aladdin Office(アラジンオフィス)

Aladdin Office
引用:Aladdin Office公式サイト
おすすめポイント・業種別のシステムがある
・5,000社以上の導入実績
・ユーザーリピート率98.4%
料金要問い合わせ
HPのリンクhttps://aladdin-office.com/

「Aladdin Office」は、中堅・中小企業を中心に、5,000社以上の方が利用しているERPシステムです。

アラジンオフィスは、お客様の声を反映した販売管理に必要な機能を標準搭載した完成度の高いパッケージで、ユーザーリピート率は驚異の98.4%もあります。

また、業種・業態別にシステムの用意があるため、どの業種でも利用できるのがポイント。

EXPLANNER/J

EXPLANNER/J
引用元:EXPLANNER/J公式サイト
おすすめポイント・40年以上の歴史あるシステム
・多言語・多通貨に対応
・NECが提供する各種ソリューションとの連携が可能
料金要問い合わせ
HPのリンクhttps://jpn.nec.com/soft/explanner/explanner-j/index.html

「EXPLANNER/J」は、中堅企業を対象とした機械製造業向けの生産管理システムです。

40年以上の歴史とノウハウの集約したシステムが特徴となっています。

EXPLANNER/Jは、グローバルに対応しており、多言語・多通貨に対応しているため、国内・海外拠点へのスムーズな導入展開が可能。

また、製品特性や顧客特性に応じたさまざまな生産形態を、ハイブリットな形で一元管理できます。

EAST2

EAST2
引用元:EAST2公式サイト
おすすめポイント・一部の業務からでも導入可能
・さまざまなシステムとの連携が可能
・固有業務への柔軟な対応が可能
料金要問い合わせ
HPのリンクhttps://solution.keng.co.jp/solution-service/east2/

「EAST2」は、中堅・中小企業向けのプロジェクト原価管理型ERPです。

業務管理機能が充実しており、システムを通して業務統制や効率化を支援してくれます。

また、プロジェクト原価を見える化することで、予実を踏まえた経営指標のモニタリングが可能。

経営と業務のPDCAサイクルを実現してくれるシステムです。

おすすめ生産管理システム【無料で使える生産管理システム】

在庫管理システムSASO

SASO
引用元:SASO公式サイト
おすすめポイント・無料で利用できる
・在庫管理だけのシンプルな機能
・バーコードによる数量管理と棚番管理が可能
料金無料
HPのリンクhttps://saso.hyoujun.jp/

「在庫管理システムSASO」は、「何が」「どこに」「いくつ」あるのかを明確にすることに特化したソフトウエアです。

ラベル印刷機能を利用し、バーコードによる数量管理・棚番管理ができます。

シンプルな在庫管理だけを行いたい方におすすめです。

zaico

引用元:zaico公式サイト
おすすめポイント・バーコード、QRコードで物品とデータの紐付けを自動化しミスを軽減
・利用者を選ばない直感的な操作性
・クラウド共有で場所を問わずにアクセス可能
料金無料プランあり
導入費用:0円
エントリープラン:月額1.078円(税込)〜
HPのリンクhttps://www.zaico.co.jp/

「zaico」は、スマートフォンでデータを手軽に登録・更新・共有・確認できる在庫管理アプリです。

いつでも・どこからでもリアルタイムで最新のデータの把握ができます。

従来の紙・Excelでの管理に生じる手間をなくし、正しい在庫の把握が簡単にできるアプリです。

導入した企業の声を見てみると、在庫管理にかかる時間を95%カットしたという実績もあります。

ロジクラ

logikura
引用元:logikura公式サイト
おすすめポイント・コストを抑えた検品の仕組みが導入されている
・出荷業務の効率化が図れる
・国内の主要OMS・カートや送り状発行システムなどの連携が可能
料金無料
HPのリンクhttps://logikura.jp/

「ロジクラ」は、無料で利用できる在庫管理ソフトです。

導入すると、「誰でも」「いつでも」「どこでも」在庫管理することができます。

ロジクラでは、従来のハンディターミナルを利用せずにiPhoneだけで検品できる仕組みが構築されています。

また、受注データから送り状の作成や納品書を作成できるので、出荷業務の改善にも役立ちます。

【まとめ】生産管理システムを活用して業務の効率化を図ろう

【まとめ】生産管理システムを活用して業務の効率化を図ろう

製造業は、企業の規模が大きくなるほど複雑化しやすい傾向です。

複雑になる業務に生産管理システムを導入し、一元化することで経営状況の把握が容易になるでしょう。

生産管理システムを導入する際は、「対応業務の範囲」、「生産方式への対応」、「業界・業種への対応」、「ERP対応の必要性」を踏まえて、候補を選択することがおすすめです。

自社の生産管理方法や経営課題と照らし合わせ、適切な生産管理システムを導入し、業務効率化を図ってくださいね。

▼ おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
kanna
KANNA
               
初期費用・月額0円で基本機能の利用が可能。有料カスタマイズあり。Appstoreレビュー評価☆4.5(2023年3月時点)
Photoruction
建築、土木現場特化の施工管理アプリ。10万社以上の導入実績
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
▼おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
KANNA
初期費用・月額0円から利用可。Appstoreレビュー評価☆4.5
Photoruction
建築、土木現場特化の施工管理アプリ。10万社以上の導入実績
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次