不動産管理アプリ【9選】賃貸管理・入居者管理を楽にするオススメアプリ・無料もあり

不動産業界のDX化を促進するためのツールとして、不動産管理アプリが登場しました。

入居者と管理会社、不動産オーナーとの円滑なやりとりができるツールですが、機能やメリット・デメリットを知りたいと思う方も多いのではないでしょうか。

この記事では、不動産管理アプリのメリット・デメリットや機能について紹介しています。

また、おすすめの不動産管理アプリ9選と選び方のポイントもあわせて解説していますので、ぜひ最後までご覧ください。

目次

不動産管理アプリとは?

不動産管理アプリとは?

不動産管理アプリとは、管理会社と入居者をつなぎ円滑なコミュニケーションを図るためのITツールです。

従来であれば、家賃の催促や設備点検などを入居者に知らせる際、メール・郵便・掲示板などを利用して伝達していました。

しかし、入居者が連絡を見ておらず手続きに膨大な時間がかかることが管理会社の悩みでした。

不動産管理アプリでは、スマートフォン・パソコンを通じて個別に連絡をしたり一斉に連絡をしたりできます。

既読なのか未読なのかのステータス確認もできるため、効率よく通達できるのが不動産管理アプリの利点です。

不動産管理アプリのメリット

不動産管理アプリのメリット

不動産管理アプリのメリットを「不動産管理会社」、「入居者」、「不動産オーナー」それぞれの視点から紹介します。

あわせて読みたい
賃貸管理システムおすすめ【15選】不動産管理におすすめソフト・無料あり おすすめの賃貸管理システムはある? Excelや紙での管理をやめたい... 以上の疑問や悩みを抱えていないでしょうか。 不動産業界は日々進化し、より効率的な管理が求めら...

不動産管理会社のメリット

不動産管理会社のメリットは次の3つです。

  • 入居者への電話連絡が軽減する
  • お知らせを掲示板などで告知する手間がなくなる
  • 設備不良や入居者への対応が円滑になる

家賃が振り込まれていない場合や契約更新など、入居者へ電話連絡をする機会は多いですが、電話にでないことも多々あります。

また、登録していない電話番号にはでない入居者もいるため、入居者とのコミュニケーションを取るのに時間がかかっていました。

アプリを利用することで既読・未読状況がわかり、チャットやメールでのやり取りだけで完結するのがメリットです。

管理している物件の設備点検やお知らせなどを掲示板で告知する手間もアプリ導入で解決してくれます。

エアコンの故障やトラブルがあった際、入居者に対しての対応がスムーズになることもメリットと言えるでしょう。

入居者のメリット

入居者が不動産管理アプリを利用するメリットは、次の3つです。

  • 不動産管理会社との応答が円滑になる
  • お知らせを見逃さなくなる
  • 重要資料・説明書などの書類管理の円滑化

入居者は不動産管理会社に対し、気になることや質問したい内容をチャットで簡単にやり取りできることがメリットのひとつです。

また、多くのアプリにはお知らせを報告してくれる通知機能が搭載されています。

アプリを開くだけでお知らせを確認できるので、情報の見落としが減少できます。

入居者は物件を借りた際に設備の説明書や契約書など、さまざまな資料を保管しなければなりませんが、アプリのファイル管理機能を利用することで、アプリを開くだけで資料の確認ができるため便利です。

不動産オーナーのメリット

不動産オーナーのメリットは、次の2つです。

  • 物件ごとの管理が楽になる
  • 入居者を増やせられる

複数の物件を管理する不動産オーナーの場合、各物件の情報を管理することが手間になりますが、アプリがあれば効率よく管理できます。

また、スマートフォン世代の方にとっては、アプリの利用の方が円滑に利用できるため、入居者を増やすキッカケにもなるでしょう。

不動産管理アプリのデメリット

不動産管理アプリのデメリット

不動産管理アプリを導入することで得られるメリットについて紹介しました。

不動産管理アプリ自体にはデメリットはなく、入居者とのスムーズな意思疎通ができ、オーナーとの連絡の架け橋になってくれます。

一方、不動産管理アプリには「アプリの利用を促さなければならない」といった注意点があります。

不動産管理アプリを導入しても「ダウンロードが面倒くさい」、「ITツールに抵抗がある」などの理由から、入居者・不動産オーナーに利用してもらえないと導入するメリットが得られません。

従来と同じく、電話やメールによるやり取りを希望された場合、不動産会社は入居者・不動産オーナーの2ヶ所へ連絡する必要があります。

不動産管理アプリを導入する際は、入居者・不動産オーナーへツールを浸透させるかが肝になってくると言えるでしょう。

不動産管理アプリの主な機能

不動産管理アプリの主な機能

不動産管理アプリのメリット・デメリットについて紹介しました。

不動産管理アプリには、大きく分けて「契約手続き・管理支援機能」、「コミュニケーション機能(連絡・情報共有)」の2つの機能があります。

詳しくみていきましょう。

機能①契約手続き・管理支援機能

契約手続き・管理支援機能の主な機能は、次の通りです。

  • 契約情報の閲覧
  • 契約変更の申請
  • 契約書の締結支援(電子契約システムと連携)
  • 退去・更新手続き
  • 一時金決済処理(更新料・退去精算などの一時金の決済)
  • 入居時の写真記録

機能②コミュニケーション機能(連絡・情報共有)

コミュニケーション機能の主な内容は、次の7点です。

  • チャット機能
  • 掲示板機能(設備点検や清掃などを知らせてくれる)
  • 設置器具の取扱説明書をまとめたPDFの閲覧
  • ライフラインの連絡先の閲覧
  • 重要書類のファイル管理(賃貸契約書・重要説明書など)
  • 入居者アンケート
  • 入居者向けの情報配信

不動産管理アプリの選び方

不動産管理アプリの選び方

不動産管理アプリの選び方のポイントとして、次の6つが挙げられます。

  • 入居者への連絡手段が複数あるか
  • 入居者への一斉連絡が可能か
  • 入居者を管理できる規模は適切か
  • 不動産向けシステム・ソフトとの連携が可能か
  • 不動産オーナー向けのアプリがあるか
  • セキュリティ対策が万全か

ひとつずつ詳しく見ていきましょう。

入居者への連絡手段が複数あるか

入居者への連絡方法がひとつだけだと、伝えたい内容に目を通してもらえない可能性があります。

入居者にとって、不動産管理アプリは頻繁に利用するツールではありません。

そのため、入居者への通知漏れを防ぐためにも連絡手段が複数あるアプリを選ぶことが大切です。

代表的な機能として、掲示板とメール・SMSがあります。

使い分けとしては、重要・緊急な内容はメール・SMSを利用し、緊急ではない要件を掲示板で通達すると良いでしょう。

複数の連絡手段がある場合は、入居者と管理者の双方にメリットがあり、確認漏れを未然に防ぐことに繋がります。

入居者への一斉連絡が可能か

不動産管理会社の担当している物件数が多い場合、個別連絡ではなく一斉に連絡できる手段があると連絡に関する業務短縮に繋がります。

例えば、家賃の未入金者がいる場合は、不動産管理アプリで一斉送信できると連絡に関する業務スピードが上がるでしょう。

不動産業界は家賃の催促や重要事項の通達など、頻繁に連絡する内容が多いため、一斉連絡できるアプリ選びが重要です。

入居者を管理できる規模は適切か

不動産管理アプリにより、管理できる入居者数に違いがあります。

数百戸と数万戸を管理する場合では、アプリのプランや機能が異なるため、入居者の規模を把握することも大切です。

不動産管理アプリを導入する前に、管理する規模を明確にしておくと費用を抑えながら最適なツールを選択できるでしょう。

不動産向けシステム・ソフトとの連携が可能か

不動産管理アプリを導入する際には、他の不動産向けシステム・ソフトとの連携ができるか確認しておきましょう。

不動産向けシステム・ソフトとの連携ができる場合に得られるメリットは、次の通りです。

  • 賃貸の契約更新・解約手続きの反映がスムーズにできる
  • 入居者情報の照合が不要になる
  • 正確な入居者情報の通知ができる
  • 入居者情報・不動産オーナー情報の共有がスムーズになる

不動産管理アプリで一元管理できるツールもありますが、連携できることで得られる恩恵がたくさんあるため、連携可能なアプリ選びをおすすめします。

不動産オーナー向けのアプリがあるか

「月次報告書の送信」、「清掃箇所・修繕箇所の報告」など、不動産オーナー向けの機能を搭載していると、書類の郵送や電話のやり取りなどの手間やコストを削減できます。

不動産オーナー向けの機能がない場合は、別のシステムやアプリを導入することになり、コストがかかるため確認しておきましょう。

セキュリティ対策は万全か

不動産管理アプリでは、入居者の個人情報や契約情報など、重要なデータを扱うためセキュリティ面を確認しておきましょう。

とくに確認しておきたいセキュリティ面は、次の3つです。

  • 通信の暗号化
  • 個人情報データの保管体制
  • システムの安定性

実際に導入している企業の声や実施しているセキュリティ対策を確認しておくと、いざというときのトラブルを未然に防げるでしょう。

【無料もあり】不動産管理アプリおすすめ9選

不動産管理アプリのおすすめ9選を紹介します。

今回紹介する無料アプリは、無期限で利用できるものではなくお試し版での案内です。

使用感を試してみて、導入するメリットが感じられた場合に有料版へアップデートすることをおすすめします。

それでは、ひとつずつ詳しく解説していきます。

【1】KANNA(カンナ)

【1】KANNA(カンナ)
引用元:KANNA公式

KANNAは、 建設業・不動産業・製造業といったノンデスクワーク業界における現場の生産性アップを実現するプロジェクト管理アプリです。

シンプルで直感的な操作性が好評で、AppStoreのユーザーレビューでも常に高得点を維持しています。

KANNAを導入するメリットは以下の通りです。

  • 管理物件の情報を一括で管理・共有
  • 報告機能で工事の進捗を毎日確認
  • テンプレートから帳票作成
  • 顧客情報を一元管理
  • 物件の写真・素面資料をリアルタイム共有 など

KANNAは、

その他、オプションの要不要、管理物件数、アカウント数などでプランカスタマイズ可能です。

初期の持ち出しコストが抑えられるため、初めて不動産管理アプリの導入を検討している場合は、KANNAがおすすめです。

機能・できること・物件管理
・入居者管理
・写真・図面資料管理
・報告書作成
・チャット機能
・電子小黒板 など
料金初期費用:0円
運営会社株式会社Aldagram

【2】ReDocS(リドックス)

ReDocS
引用元:ReDocS公式サイト

ReDocS(リドックス)は、エクセルでの賃貸管理でよく起こる問題の解決に特化した不動産管理アプリです。

導入することで得られるメリットは、次の通りです。

  • 賃貸管理データを一元管理
  • システムの自動処理で書類作成の時間を大幅短縮
  • 口座振替機能で家賃管理の自動化が可能
  • シンプルで利用しやすいデザイン・操作性
  • 利用場所や利用端末にとらわれないクラウドの活用
  • 低価格での利用が可能

リドックスでは、30日間の無料トライアルが利用できます。

そのため、実際に操作して自社に最適かどうかを事前に確認できることもポイント。

また、クラウドの賃貸管理アプリで不安が残るセキュリティ面も、高レベルの暗号化通信やファイアウォールを設置しているため安心です。

機能・できること・契約情報の管理
・更新対象者の抽出
・家賃入金管理
・解約精算
・オーナー精算明細 など
料金無料トライアル版有り
ライトプラン:月額3,278円(税込)
ミドルプラン:月額7,678円(税込)
アドバンスプラン:月額12,480円(税込)
運営会社Bambooboy株式会社

【3】ITANDI BB(イタンジビービー)

ITANDI BB
引用元:ITANDI BB公式サイト

ITANDI BB(イタンジビービー)は、不動産の賃貸支援に特化したアプリです。

イタンジビービーは、「使いやすい不動産業者間サイト」、「管理会社に導入してほしいサイト」、「入居申し込みサービス利用数」の3部門でNo,1を獲得しています。(参考:ITANDI BB公式サイト

イタンジビービーでは、別途オプション機能になりますが下記のサービスの提供も行っております。

  • 申込受付
  • 内見予約
  • 電子契約
  • 入居者管理
  • 物件情報の自動連携
  • 顧客管理と追客 など

導入する企業に必要な機能を選択することで、コスト削減にも貢献できるでしょう。

また、月間400万PV以上のサイトに無料で賃貸情報を掲載できることもメリットのひとつです。

不動産管理の業務効率化や営業力強化を検討している方におすすめです。

機能・できること・内見予約、入居申込
・電子契約
・入居者管理
・内装工事 など
料金公式ページからお問い合わせください
※物件掲載・仲介機能のみ無料で利用可能
運営会社イタンジ株式会社

【厳選】おすすめ施工管理アプリ14製品を比較表でまとめてチェック!

施工管理アプリ各サービスの機能・料金を一覧表形式でまとめて比較。社内提案でそのまま使えるエクセル資料を無料でプレゼントします。工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など様々なシーンで導入される施工管理アプリを比較検討する際にお役立てください。

【4】GMO賃貸DX

GMO賃貸DX
引用元:GMO賃貸DX公式サイト

GMO賃貸DXは、入居者との正確なコミュニケーションを実現し賃貸管理の効率化が図れる不動産管理アプリです。

アプリを通じて入居者との情報伝達ができるメッセージ機能や、入居者の課題を発見するアンケート機能など、入居者満足度を向上するための機能がたくさんあります。

また、基幹システムの連携もできるため、既存のシステムと併用して利用できることも特徴です。

GMO賃貸DXは、入居者とのコミュニケーションを正確に行い、顧客満足度を向上させるためのアプリと言えるでしょう。

機能・できること・入居者管理
・メッセージ機能
・アンケート機能
・契約締結
・基幹システムとの連携 など
料金公式ページからお問い合わせください
運営会社GMO ReTech株式会社

【5】Dicon(ダイコン)

【5】Dicon(ダイコン)
引用元:Dicon公式サイト

Dicon(ダイコン)は、不動産管理業務に必要なコミュニケーションを効率化するツールです。

利用できる機能はメッセージ・チャットのみのシンプルな設計が特徴です。

シンプルな設計のため、複雑な操作を覚えることなく円滑な入居者とのやり取りができるでしょう。

入居者へ連絡する際は、個別連絡・一斉連絡・物件ごとなどの設定も可能です。

テキスト以外にも、写真・動画・書類なども送信できるため、設備の修理依頼を行う際に役立ちます。

ダイコンのメッセージ・チャット機能には、自動翻訳機能が搭載されており16言語に対応しています。

入居者に外国人がいる際も安心して利用できることもポイントです。

シンプルな機能と外国人に対応している不動産管理ツールを探している方におすすめです。

機能・できること・入居者との個別連絡
・一斉連絡
・ブラウザ、QRコードでのやり取り
自動翻訳機能
料金トライアル版有り
※公式ページからお問い合わせください
運営会社株式会社PID

【6】くらさぽコネクト

くらさぽコネクト
引用元:くらさぽコネクト公式サイト

くらさぽコネクトは、入居者と不動産会社をつなぐアプリです。

物件情報の受け取りや不動産会社へのお問い合わせなど、コミュニケーションを円滑に行えます。

くらさぽコネクトを利用するメリットは次の通りです。

  • 不動産会社とのやり取りを効率化
  • 家賃支払日・請求金額などの確認が容易
  • 不動産会社からのお知らせを通知してくれる
  • 賃貸契約の更新・解約手続きの円滑化

くらさぽコネクトは、登録不要で設定も簡単にできるので、利用ハードルが低いことも嬉しいポイントです。

機能・できること・入居者管理
・メッセージ機能
・契約更新、解約手続き
・プッシュ機能 など
料金公式ページからお問い合わせください
運営会社日本情報クリエイト株式会社

【7】totono

totono
引用元:totono公式サイト

totonoは、不動産管理会社のDX推進と入居者満足度向上を同時に実現できるアプリです。

機能面のメリットは次の通りです。

  • 24時間利用できるチャット機能
  • 自動通知機能搭載の掲示板
  • 入居者の悩みを事前に解決するよくある質問機能
  • 各種申請受付の電子化

totonoでは、LINE感覚で利用しやすいチャット機能があり、お問い合わせ状況に応じてステータスが切り替わります。

入居者の問題解決までをステータスで可視化できるため、状況判断に役立つ機能です。

また、入居者からよくある質問をFAQ表示できるため、管理会社に対するお問い合わせを減少することが可能です。

不動産管理会社の業務効率化と入居者満足度向上を実現したい方におすすめのアプリと言えるでしょう。

機能・できること・入居者管理
・チャット機能
・掲示板機能
・よくある質問機能 など
料金公式ページからお問い合わせください
運営会社株式会社スマサポ

【8】いえらぶCLOUD

いえらぶCLOUD
引用元:いえらぶCLOUD公式サイト

いえらぶCLOUDとは、不動産業務のすべてを円滑に行うオールインワンシステムのことです。

賃貸・売買・管理のすべてに対応しているため、これひとつで不動産業務をカバーできます。

野村不動産パートナーズや大東建託など、規模・業種を問わず全国12,000社以上の企業が利用しています。

いえらぶCLOUDでは、一度入力したデータはすべての情報に紐づくので、再入力の手間や別のシステムの導入も必要ありません。

また、多機能アプリだからこそ、操作に迷わないような直感的でわかりやすいデザインが特徴です。

業務の流れを意識して作られているため、利用手順を覚えることも簡単にできます。

導入後も専門スタッフが一社ごとの状況を判断してコンサルティングやサポートしてくれるため、業務効率化が円滑に進むでしょう。

多機能な不動産管理アプリを探している方におすすめです。

機能・できること賃貸管理顧客管理業者間流通ポータル連動 など
料金公式ページからお問い合わせください
運営会社株式会社いえらぶGROUP

【9】賃貸名人

賃貸名人
引用元:賃貸名人公式サイト

賃貸名人は、賃貸管理業務を効率化できるコスパ抜群のソフトで、50種類以上の機能が利用できます。

これだけの機能を利用する場合はコストがかかりますが、賃貸名人は業界相場の約半分の料金で提供しているのがポイント。

全国の企業が利用しており、導入企業数は5,500社を超えています。

賃貸名人は、物件管理から入金管理、更新業務までなんでもこなせられるツールです。

ただし、賃貸名人はインストール型のソフトなため、導入の際は1台あたりの費用になりますので注意してください。

クラウド型ではなく、インストール型の不動産管理ソフトを探している方におすすめです。

機能・できること・物件情報管理
・検索入金
・情報管理
・収支情報管理
・空き物件検索 など
料金217,800円〜(税込)
※1台用詳しい金額は公式ページよりお問い合わせください
運営会社株式会社ダンゴネット

【厳選】おすすめ施工管理アプリ14製品を比較表でまとめてチェック!

施工管理アプリ各サービスの機能・料金を一覧表形式でまとめて比較。社内提案でそのまま使えるエクセル資料を無料でプレゼントします。工程管理/表、タスク管理、工事写真/黒板、図面共有/管理など様々なシーンで導入される施工管理アプリを比較検討する際にお役立てください。

【まとめ】不動産管理アプリを検討してみましょう

【まとめ】不動産管理アプリを検討してみましょう

不動産管理アプリは、入居者と管理会社の双方に利点をもたらすITツールです。

導入することにより、「入居者満足度の向上」、「円滑なやり取りができる」などの恩恵を受けられます。

導入する際は、下記で紹介する6つのポイントを確認しましょう。

  • 入居者への連絡手段が複数あるか
  • 入居者への一斉連絡が可能か
  • 入居者を管理できる規模は適切か
  • 不動産向けシステム・ソフトとの連携が可能か
  • 不動産オーナー向けのアプリがあるか
  • セキュリティ対策が万全か

上記のポイントを軸に今回紹介した9つのアプリを参考にし、不動産管理業務の効率化に役立ててくださいね。

▼ おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
kanna
KANNA
初期費用・月額0円で基本機能の利用が可能。有料カスタマイズあり。Appstoreレビュー評価☆4.4(2024年5月時点)
現場ポケット
最大2ヶ月無料で全機能トライアルOK。契約更新率95.68%、現場への浸透◎
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
▼おすすめ施工管理アプリはこちら!迷ったらまずはこの3社!
KANNA
初期費用・月額0円から利用可。Appstoreレビュー評価☆4.5
Photoruction
建築、土木現場特化の施工管理アプリ。10万社以上の導入実績
ダンドリワーク
利用者全員に導入説明会アリ。現場管理に必要な機能を網羅
※アプリストアレビュー評価、機能、サポート体制などの情報を当サイト編集部にて独自調査の上、各アプリの順位を決定しております。
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次